« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の35件の記事

2005年11月30日 (水)

意地の張り合い③

p252is0040567094.jpg
昨日、チョット厳しく接したせいでしょうか、今日の父は、全く言うことを聞いてくれませんでした。

目を開けて、手を見ながら動かすように言っても動かそうともしません。そのうちに目を閉じて、指を動かし始めます。どうやら父は、意地になって、私の言うことの反対をしているようです。私も意地になって、父の目を開けさせます。今日は、随分長い時間、こんなことを繰り返していたような気がします。

最終的に、私の方が根負けして、マッサージを始めました。その間、父は目を閉じたまま、指を動かしたり、唇をとがらしたりしていました。

何も、そこまで意地を張らなくても良いのに…

過去の記事より

意地の張り合い②

意地の張り合い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

こぶしを握る練習②

p252is0040370480.jpg
昨日に続き手を見せながら、指を動かさせてみました。今日の写真の方が父の体勢がどのようになっているのがよくお分かりいただけると思います。

さて、父の様子ですが、最初のうちは全く指を動かそうとしてくれませんでした。また、すぐに目を閉じてします。しかし、私がくどいくらい目を開けさせ、「指を動かせ!指を動かせ!」といい続けたため、しぶしぶ動かし始めました。その表情は明らかに不満そうです。私が「嫌か!嫌でも動かせ!!」といったのが原因かもしれませんが…

その後、何度か目を閉じてしまいましたが、そのたびに目を開けさせ、指を動かすように言いました。そのたびにしぶしぶ動かしていました。

帰りがけに私が父に言いました。
「少しくらい思うように動かなくてもあきらめたらダメだぞ。これはリハビリなんだから。リハビリは、体が思うように動かせない人が、動くようにするためにやるんだから。」
どこまで理解してくれたか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

こぶしを握る練習

20051128.JPG
今日、私が病室についたとき、父は写真のような体勢をとっていました。父の視線の先に右手の掌がある状態です。そこで、手を見せながら動かさせてみました。

その効果かどうかわかりませんが、いつもより指を沢山動かしていたように思います。また、いつもよりもしっかりこぶしを握ることができたように思います。
(それも何度もしてくれました。)

このようなことを続けることができれば、物をつかんだりすることもできるようになるかもしれません。これからも、こんな感じでこぶしを握る練習をさせてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

大きな文字の歌詞カード

11月24日のブログで、CDについている歌詞カードは、文字が小さすぎるため、老眼のひどかった父には、ハッキリと見えていないであろうから、何らかの対策が必要と書きました。対策と言うほど大袈裟なものではありませが、A4サイズの紙一枚につき一曲の大きな文字の歌詞カードを作ってみました。2005112701

 

 

とりあえず今日は、都はるみさんのベストアルバムの歌詞カードを作りましたが、今後、いろいろと作っていくつもりです。

p252is0040108319.jpg
ということで、早速、病院へ持って行き、父に見せてみました。残念なことに父が熱を出していたのと、ちょっと眠かったせいだと思うのですが、途中で何度も目を閉じてしまいました。それでも、目を開けている間は、しっかり見ていたように思いますし、しきりに指や腕を動かしていました。手ごたえありです。

問題点として、歌詞カードを持つために私の両手がふさがってしまうことと、少々無理な体勢で持っていなければいけないので、私の腕や腰に相当の負荷がかかることです。これについては、今後、いろいろと工夫して、解消していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

泣いているのか?目が痛いのか?

p252is0039846171.jpg
病室に着くと、父は目を閉じてしまいました。CDを聞かせる準備をして、目を開けさせると、目が涙で濡れていました。「また、泣いているんだ。」と思いましたが、CDを聞かせれば気分転換になると思い聞かせ始めました。

歌詞カードを見せながら、聞かせたのですが、しばらくすると目を閉じてしまいました。まぶたを上げて目を開けさせたのですが、右目を開けづらそうにして、しかめっ面をします。目が痛いのかと思い、様子を見ていたのですが、しばらくすると、しかめっ面をしなくなりました。

今日は、このようなことが何度かありましたので、やはり目が痛かったような気がします。まぶたを上げるときに原因があるのでしょうか?これからは気をつけなければいけないと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

なかなかコツが掴めない

p252is0039649554.jpg
最近の父の様子を見ていると、必ずしも良い反応をしているとは言えません。しかし、右手を上げようと、一生懸命になっているのが伝わってきます。相当力をいれているのですが、なかなか上がってくれません。

20日のブログにも書いたのですが、父が腕を上げるためのコツを見つけなければならないわけです。何かの勢いで上がることがあるので、全く上がらないわけではありません。ただ、腕を上げるためのコツといっても、こればかりは私が教えるわけにはいきません。

私にできることは「上がったときのことをしっかり覚えているんだよ。次に上げるときは、同じようにやるの。そうやってコツを掴むんだよ。」というだけです。

がんばれ親父!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

やっぱり無理だよね

p252is0039452940.jpg
今日は歌詞カードを見せながら、CDを聞かせました。11月13日に聞かせたCDと同じものです。そのときにも書いたのですが、このCDの歌詞カードは、文字が小さいので、老眼の父にとって、ちゃんと見えるかどうか不安でした。前回は見てくれていたのですが、今日は途中で何度も目を閉じてしまいました。目を開けているときは、なんとなく見ているようにも見えるのですが、正直なところ疑問です。ほかのCDの歌詞カードも含め、何か良い対策を考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

おバカな私

p252is0039256322.jpg
今日も父にCDを聞かせるつもりでしたが、私がうっかりしていて、CDプレイヤーを病院へ持っていくのを忘れてしまいました。したがって、今日は休日にもかかわらず、CDを聞かせることができませんでした。

私はなんておバカなんでしょうか。以前にも同じ様なことがありましたよね。本当に気をつけなければいけません。父が一番楽しみにしていることなんですから!

さて、今日の父は昨日と違って熱を出していませんでしたし、下痢も収まったようです。

ひとあんしんです。

過去の記事より

古い写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

何事が?

p252is0039059702.jpg
今日の父の写真を見て何か感じませんか?首に分厚く巻かれたタオル、一体何が起こったのかと思いました。どうやら熱がでたので冷やしていたようです。

普段、熱がでたときは、頭の下に氷枕かアイスノンをするか、下腹部をアイスノンの小さいもので冷やすかします。ただ、昨日からひどい下痢をしていて、おなかを冷やせないので、アイスノンの小さいものをタオルにくるんで首に巻いていたようです。

さて、今日はCDを2枚、聞かせることが出来ました。一枚が23分強、もう一枚が40分強でしたので、普通のCDの一枚分ということになります。

聞かせたのは、昨日のブログに書いた本田美奈子.さんのアメイジング・グレイスといつもの西田佐知子さんのCDです。

アメイジング・グレイスを聞かせたときは、正直なところ目を開けさせても、すぐに閉じてしまうだろうと思っていました。というのも、歌詞カードが白地に薄い水色の小さな文字で読みづらかったからです。ところがそんな予想に反して、ずっと目を開けていました。
(活字としてとらえていたか疑問ですが。)

西田佐知子さんのCDの時はちょっと驚いたことがありました。私はいつもCDプレイヤーの液晶の小さなディスプレイを見ながら歌詞カードをめくっています。ところが今日はうっかりして二度ほど歌詞カードをめくるのが遅れてしまいました。すると父が唇をとがらしています。どうやら「歌詞カードをめくれ」と催促していたようです。
(いつものように、私が都合良く、そう感じたのかもしれません。)

いずれにせよ、今日はなかなか良い反応をしてくれたように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

本田美奈子.さんの歌

今月6日に亡くなった本田美奈子.さんのCDを明日やっと入手することができます。彼女の追悼番組やワイドショーなどで、いろいろな歌を聴き、こんなにすばらしい歌をたくさん歌っていらっしゃるとは思いませんでした。認識不足でした。

あまりにすばらしい歌ばかりなので、もっと聞いてみたくなり、ネットの通販をあたってみたところ、既に品切れでした。私と同じ考えの方がたくさんいるんだと思い、入荷されるのをずっと待っていました。先週末、入荷の連絡があり注文をしました。そして、明日私の手元に届くわけです。

私が聞きたいから買うわけですが、もう一人ぜひ聞かせたい人がいます。

私の父です。

今回買ったものは、彼女のアイドル時代からの歌を収録したベストアルバムとクラッシックに日本語の詩をつけたものです。このうちクラッシックの方を聞かせることで、何らかの良い効果が期待できるのではないかと思っています。

クラッシックは妊婦さんが胎教に使うなど、脳には良い効果があるといわれています。さらに、このブログの記事に何回か書きましたが、父に写真や活字を見せると目を開けてくれます。そして歌詞カードを見せると目で追っています。

クラッシックに日本語の歌詞がついいている。父の脳を刺激をする上で、良いものがそろっていると思いませんか?
どのような結果が出るかわかりませんが、とにかくやってみたいと思います。

P1000064.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

コツを見つけて!

p252is0038666578.jpg
今日は私が病院へ行った時間が、いつもより遅かったのでマッサージだけしかできませんでした。

マッサージの途中で、写真のように体を起こしてあげました。すると視線を下の方して、自分の手を見ながら動かしているようでした。指は比較的よく動いていると思うのですが、腕は相当力を入れて、何度か上げようと試みても、うまく上がりませんでした。

健康なときは何気なく上げている腕も、父のような体になると、力を入れるだけでなく、それなりのコツがいるようです。一日も早くコツを見つけて、少しでも体がスムーズに動くようになってほしいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

ブログ開設3ヶ月

p252is0038469967.jpg
このブログを開設してから3ヶ月たちました。この間、皆さんから励ましていただいたり、アドバイスをいただいたこと、大変感謝しています。

私自身、この3ヶ月間、毎日ブログに記事の投稿を続けたことで、多くの事に気付き、多くのことを学ぶことができました。父の接し方についても、以前は気を付けていたことで、すっかり忘れてしまっていたことを思い出させてくれたり、ブログの記事を書きながら、いろいろなアイデアが浮かんだりしました。

父がどこまで回復するかは、全くわかりません。ただ、大きなことを成し遂げるためには、小さなことの積み重ねが大切だと思います。

父が完全に回復する日を夢見て、これからもがんばって行きたいと思いますので、皆さんよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

いつも嫌がるのに?

p252is0038273356.jpg
父はいつもマッサージの時に腕を上げてやると、とても嫌がります。
多分、一日中体を動かしていないので、関節が固くなっていて、痛いのではないかと思います。
というのも、いつも腕の動かし初めだけ嫌がるだけだからです。
ところが今日は、あまり嫌がりませんでした。
もしかして、昼間私がいない時に、自分で体を動かしていたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

こうしたことを繰り返して…

p252is0038076745.jpg
今日は熱があったので、昨日ような反応はありませんでした。それでも指を一生懸命に動かそうとしていましたし、最近よくする天井を指した時に首を横に振ることもしました。熱を出して、しんどいわりには、頑張っていたと思います。

以前、反応が良かった時も、数日後に熱を出して反応が鈍くなり、その後、なかなか良い反応が得られない日々が続きました。もしかすると今回も同じことが起こるのかもしれません。ただ、以前、カメさんが仰っていた様に、こうしたことを繰り返して、少しずつ良くなっていくのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

驚きの連続

p252is0037880134.jpg
今日は父の反応に驚きっぱなしでした。

まず、ひげを剃っているときに、例によってあごを上げるように促した時のこと、私のいる方の反対を向いてしまいました。要するに、そっぽをむかれてしまったのです。こんなことは、ここ最近記憶にありません。何より驚いたのは、勢いの良さです。もしかして、寝返りが出来るのではないかと思えるほどでした。

次に驚かされたのは、右腕の肘から下の部分を上げたことです。上げること事態さほど珍しいことではありませんが、上げていた時間の長さと力強さに驚いてしまいました。そればかりか、下ろした腕を見ながら何度も上げようと試みていたようにも見えました。
(これに関しては、私の都合の良すぎる解釈かもしれません。)

今までは、目を開けさせることばかりこだわってきましたが、これぐらい活発に体を動かしてくれるのなら、少し考え方を変えなければならないような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

意思表示はしたけれど…

p252is0037683520.jpg
久しぶりに目を閉じた父の写真を載せます。今日は本当に、目を開けようとしてくれませんでした。まぶたを上げ、無理矢理目を開けさせた上で天井を指したところ、首を横に振り目を閉じてしまいました。二度、このようなことがありましたので、よほど嫌だったのでしょう。

CDを聞かせながらマッサージを始めました。昨日マッサージをしているので、今日は歌詞カードを見せながらCDを聞かせる予定でしたが、最近聞かせたCD以外、歌詞カードの付いていない物(レンタルCDをコピーした物のため)ばかりだったので、予定通りできませんでした。

ただ、活字を見せれば目を開けるのではないかと思い、マッサージを中断して、収録曲のリストを見せてみましたが、目を開けるものの、すぐに閉じてしまいました。同じものをずっと見せていても駄目なようです。仕方なくマッサージを再開しました。

結局、首を横に振るという意思表示をしてくれたものの、長い時間、目を開けてくれませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

目を開けさせるためには…

p252is0037486908.jpg
今日はマッサージだけで、CDを聞かせたり、歌詞カードを見せたりはしませんでした。

それが原因なのでしょうか、反応はとても鈍かったと思います。何より、目をなかなか開けてくれません。ただ、無理に目を開けさせた時、何か言いたそうな表情をしているようにも見えます。

そこで、マッサージが終わってから、携帯電話に残っている、前にココログに投稿した写真を見せてみました。そうするとしっかり目を開けているではありませんか!

どうやら、確実に目を開けさせるためには、継続的な視覚の刺激をする必要があるようです。しかし、私一人でマッサージと継続的な視覚の刺激を一度に両方行うことは、とても難しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IDとパスワードの連絡

昨日、自宅に着くと、イー・トレード証券から配達証明郵便が届いていたようで、不在通知がありました。

今朝、受取りに行き、内容を確認したところ、Web用のIDと初期パスワード、コール・センターの電話番号の案内でした。

早速、Web siteにアクセスしてみました。今のところ資産残高がありませんので、当初指定した掛金の割合の確認、加入者情報の追加、初期パスワードの変更を行いました。

初回の掛金の引落としは、11月28日です。しばらくの間、Web siteの仕組みの確認をするつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

懐かしい唄を聞いて

p252is0037290296.jpg
今日、聞かせたCDは「昭和歌謡百歌・男心」というのです。収録曲は、次の14曲です。
無法松の一生

なみだ船
名月赤城山
涙の酒
無情の夢
人生劇場
男の純情
おゆき

大利根月夜
兄弟船
兄弟仁義
旅姿三人男
このCDの歌詞カードは、文字が小さいので、老眼のひどい父にはちょっと見づらいのではないかと思いましたが、大丈夫のようでした。しっかり目を開けていましたし、腕や指にも相当力が入っていました。また、私の方に顔を向け、何か行いたそうにしていました。途中でアクビをして目を閉じるかと思いましたが、一生懸命、目を開けていました。

CDを聞かせ終ってから髭を剃ってあげたのですが、あごを上げるように促すと、大きく上げてくれました。おかげで、あごの下の剃り残しをきれいに剃ることができました。

いつも、これくらい良い反応をしてくれれば、良いのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投資教育ビデオ

今日、イー・トレード証券よりクロネコメール便が届きました。中身は「確定拠出年金~日本版401kって何?~」というタイトルの投資教育ビデオです。イー・トレード証券では「個人型年金プランキャンペーン」ということで、このビデオがプレゼントされるようです。

早速、見てみました。年金制度や投資について、前半がドラマで簡単な説明を 後半が藤沢久美さんのちょっと詳しい説明で構成されていました。初歩的なことから、やさしく説明してあって、まずまずの内容だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

小さな挑戦

p252is0037093683.jpg
今日は今までとはちょっと違うことをしてみました。

音楽を聞かせながらマッサージをしたのですが、今までは、父の知っている歌詞のあるものを聞かせていましたが、今日は父の知らない歌詞ないものを聞かせてみました。聞かせたのは、女子十二楽坊のBeautiful Energy。

今日の父は熱を出して、どことなくさえない表情をしていましたが、まずまずの反応をしていたと思います。口を開けて、何か喋ろうとしましたし、指の動きも活発だったと思います。

途中でオムツの交換があり、時間が無くなってしまい、最後まで聞かせることができませんでしたが、これからも、色々と試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

母の力

p252is0036700455.jpg
父と母の4週間ぶりの対面です。今日は母が、ノートに石原裕次郎さんの唄の歌詞を書いて持ってきました。

病室に着くと父が、母から顔をそむけてしまいます。母の居る方へ顔を向けてやってもそむけてしまいます。前回、母が父にに与えた「刺激」のせいかもしれません。しかし、母が持っていったノートを父に見せながら、唄を歌って聞かせ始めると、顔の向きを変えて、一生懸命見ていました。その後、途中で父がそのノートを自分で持とうとしたのでしょうか、少し腕を上げたり、まずまずの反応をしました。

なんだかんだいっても、46年間連れ添った夫婦です。

久しぶりに母の力を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうか雨が降りませんように

今日は母の通院日ですが、名古屋の空は雲っています。
午前8時30分頃に自宅を出発、9時10分頃、母の居る特別養護老人ホームに到着します。母を車に乗せて、病院へ到着したのが、今日は10時30分頃です。そして、午前中が診察、午後からリハビリです。リハビリが終ったあと母を連れて、父の入院している病院へ行きます。1時間ほどそこにいて、買い物したあと、母が帰る予定の時間が、午後6時過ぎになります。
午後6時以降の降水確率が50%とのこと。なんとか、母が帰るまで雨が降らなければいいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

音楽を聞かせ終って額を叩くと…

p252is0036569378.jpg
今日は歌詞カードを見せながら音楽を聞かせました。聞かせたのは、西田佐知子さんのCDです。このCDは収録時間が短いこと(夜の遅い時間に、病院へ行くことが多いので、収録時間の短いCDは、いろいろと好都合です。)、歌詞カードの文字が大きいこと(父は老眼がひどかったので、小さな文字の歌詞カードは、ほとんど見えていないと思います。)、そして、何より父が若い頃、西田佐知子さんの大ファンだったので、よく聞かせます。

お気に入りの音楽が聞けたからでしょうか、いつもより、しっかり目を開けていましたし、あまり見たことない、真剣な表情をしていました。
(途中で病室に入っていらっしゃったヘルパーさんも同じ意見でしたので、私の都合のよい見方とは違います。)

一通りCDを聞かせたあと「ハイ、おしまい。」と言って、額をポンと叩いたあと、しばらくしてから、右腕をぐっと上げました。

もっと聞きたかったのかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定拠出年金加入手続完了

今日、国民年金基金連合会から郵便物が届きました。

中に入っていたのは、
個人型年金加入確認通知書
掛金納付及び引落しについてのお知らせ
連絡先についてのお知らせ(以上、同一用紙)
個人型年金規約
加入者の手引き  でした。

何とか、確定拠出年金の加入手続を完了することが出来ました。

ただ、ちょっと疑問に感じたことがあります。加入者の手引きは、加入後に貰えれば良いと思うのですが、個人型年金規約は、加入申請前に貰えても良いのではないかと思います。
(もしかすると、どこかで確認する方法があったのかもしれませんが、私は確認していません。)
それに、規約の活字の小さいこと!老眼がきつくなってきた私には、ちょっと辛いです。

今時、生命保険の約款でも、もう少し大きな時で書いてあると思うのですが…

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年11月 9日 (水)

トリプル攻撃

p252is0036372765.jpg
今日はいつもよりも少し早い時間に、病院へ行くことができましたので、音楽を聞かせながらマッサージをしました。マッサージをしている間の反応はまずまずで、指の動かし方は、とても力強かったように思います。また、口も、しっかり動かしていました。時々、音楽に合わせて口を動かしているのではないかと、思えるようなこともありました。

マッサージが終って、CDの残りが3曲あったので、歌詞カードを見せました。最初の曲は、途中で目を閉じてしまいましたが、あとの2曲は、しっかり目を開けていてくれました。昨日決めた方針は、一応、効果があると思います。

ただ、気掛かりなことが一つだけ…
帰りがけに私が父に
「今日は、もう帰るからね。また、明日来るから。明日は、違う音楽を聞かせて上げるからね。」
と言うと、父は目に涙を一杯ためて、首を横に振りました。

どのように解釈したらいいものか?
ただ、目に涙をいっぱいためていたことからして「もう、来なくてもいい。」とでも言いたかったのでしょうか?
もし、そうだとしたら、今更、私に変な遠慮をすることないと思うのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

方針変更

p252is0036176152.jpg
昨日に続き目を閉じて、何かを一生懸命、想像しているようで、なかなか目を開けようとしてくれませんでした。指を動かしたり、口を動かしたりするので、決して眠いわけではありません。

ただ、私としては、ずっと目を閉じていられると、その時の父の状態が全く分かりません。(たいしたことが分かるわけではありませんが。)

そこで、父に対する接し方を変えてみようと思います。今まで、基本的に毎日していたマッサージを一日おきにすることにします。マッサージをしない日は、歌詞カードを見せながら音楽を聞かせます。なぜこんなことをするかというと、父の視界に活字や写真が入った時、目を開けてくれることが多いからです。

こうすることで、マッサージによる触覚の刺激、音楽による聴覚の刺激、活字による視覚の刺激、今、与えることができる刺激を定期的に与えることが出来ます。

少しでも良い方向に行けばいいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

どうしたものやら

p252is0035979540.jpg
今日は本当に、反応が鈍かったように思います。指を動かすものの、あまり目を開けたがらなかったですし、あごを上げるように促しても、口を開けるように促しても、何もしようとしませんでした。かといって、眠たかった訳でもありません。何しろ、まぶたを上げて、無理矢理目を開かせても、嫌がりませんでしたから。

ただ、昨日、色々想像するように言ったため、あまりきつく言えませんでした。様子を見ていると、目を閉じて何か想像しているように見えるからです。

仕方なく
「ボケないために目を開けてね。ボケちゃったらどんな良い機械ができても使えないよ。」
と言っておきましたが…

どうしたもんでしょうね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

サイボーグ技術

p252is0035782928.jpg
昨日のNHKスペシャルで、最新のサイボーグ技術を紹介する特集をやっていました。あまりにも凄い技術の連続で驚きました。何か私の父に使えるものはないだろうかと、真剣に考えたくらいです。

そこで今日は、父にその事を話してみました。

「体が完全に治らなくても、ボケさえしなければ、将来、良い機械ができるから、また歩けるようになるかもしれないよ。
ボケないためには、しっかり目を開けて、看護婦さんやヘルパーさんの顔をしっかり見ていること。
首が動きそうなら、廊下の方や窓の方を見ること。
声が出なくても歌の練習もいいかもしれない。
とにかく頭を使えばいいんだよ。」

この言葉を聞いたためかどうかわかりませんが、目をしっかり開いて、指を一生懸命動かしていました。

また、このとき先日カメさんからいただいたコメントのことを思い出し
「自分の体が動いているところを想像してごらん。
自分が歌っている姿を想像してごらん。」

どうも、この言葉にも効果があったようで、今度は目を閉じて指を動かしていました。どんな想像をしていたのでしょうね。

いずれにせよ、しばらくの間、こんな言葉をかけながら、父に接していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

熱を出していたにもかかわらず

p252is0035586315.jpg
今日の名古屋は、日中、暖かいのを通り越して、暑いくらいでした。

こんな日は「多分、熱を出しているのだろう。」という予想通り、しっかり熱を出していました。にもかかわらず、親戚から届いた葉書と過去のブログをプリントアウトしたものを持っていって、見せたところ、一生懸命見ていました。その間、指も活発に動かしていました。

それ以外の時間は、とてもしんどそうな顔をしていましたので、早急にマッサージを済まして、帰ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大失態

昨日、確定拠出年金の加入申込をしたイー・トレード証券から配達証明郵便の不在通知が届いていました。

やっと来たかという感じで、今朝取りに行ってきたのですが、とんでもない大失態をしてしまいました。口座振替依頼をした銀行預金口座の届出印違いで、書類が戻ってきてしまいました。情けないです。早急に正しい届出印を押した上で、返送しなければなりません。

しかし、加入するまでの手続に時間がかかると聞いていましたが、これでは仕方ないと思いました。

私(愛知県在住)が、加入申込をしたのが10月7日

イー・トレード証券(東京都本社)の受付が10月11日

愛知県国民年金基金(愛知県所在)の受付が10月18日

口座振替依頼銀行(愛知県の支店)の確認が10月24日の模様

この1ヶ月近くの間に、愛知県と東京都の間を行ったり来たりしているわけですから、時間がかかるのも当然と言えば当然です。

大変良い勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

不思議な話

p252is0035389700.jpg
以前から、不思議に思っていることがあります。
もちろん父のことです。
マッサージをしている時のことなんですが、足のマッサージを始めると、手の指を動かし始めることがよくあります。今日もそうだったのですが、足のマッサージを始める前は、体をほとんど動かさなかったのに、足のマッサージを始めると、急に指を動かし始めました。

何故こんなことが起こるのか、全く見当がつきません。

どなたかご存じの方が、いらっしゃいましたら、ぜひ、お教えいただきたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

唇の動きがしっかりしていました

p252is0035193085.jpg
今日は父のところへ、昼過ぎに行きました。病室に着いた時、父は目を開けていました。ちょうど昼食(鼻のチューブから栄養補給)中でした。あまり激しく体を動かして、もどしてもいけないので、軽いマッサージだけすることにしました。

マッサージをしている間、指を動かしたり、唇を動かしたりしていました。特に唇の動かし方は、今までに比べて、大変しっかりしていたように思います。今までは唇を尖らしているといっても、なんとなくそんな感じかなという程度でしたが、今日ははっきりと唇を尖らしているのがわかりました。

回数を重ねるごとに、唇の尖らし方が小さくなっていきました。たぶん口の周りの筋肉が、つっぱってきたのでしょう。

いずれにせよ、こうして口の周りの筋肉を鍛えることにより、状況が改善されることを期待したいものです。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

「べー」をされてしまいました

今日は、うっかりしていて、写真を撮ってくるのを忘れてしまいました。
父の写真を楽しみにしていらっしゃるみなさん、大変申し訳ないです。
本当にごめんなさい。

さて、今日はタイトルの通り、父に「べー」をされてしまいました。なかなか目を開けてくれないので、まぶたを上げて、天井を指して「目を開けとればいいがね。」と言ったところ、唇の間から舌を出して、べー。すぐに目を閉じてしまいました。

最近、小さく首を振るなどして、意思表示らしきことをすることは、たまにありましたが、これほど明確な意思表示をしたのは久しぶりのことです。

更に、私が足のマッサージをしていると、口を小さくとがらせたりして動かしていました。私は父の枕元へ行き、目を開けさせた上で、こう言いました。
「父ちゃんがそうやって口を動かしてくれると俺が楽になる。父ちゃんの体も動くようになる。二人にとって良くなることだから、そういうことをやってくれると嬉しい。」
この言葉の意味を分かってくれたのでしょうか、今日はいつもより多く、口を動かしていました。

今日は調子が良かったと判断して良いと思います。ただ、目を開けている時間が短かった。ここ数日の私の悩みは、一向に解消されません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

眠そうな顔…

p252is0034865390.jpg
今日の写真、本当に眠そうな顔をしています。ところが実際に眠かったのかというと、いささか疑問です。

私が指で天井をさした時、大きな目を開けて、私の指さす方を見ていました。また、まぶたを上げてやると、特に嫌がりもせず、目を開けました。ただし、目を開けている時間は、決して長くありませんでした。

それでは、ほかの体の動きはというと、指はいつもより動きは鈍いものの、動かしていましたし、口を開けることもできました。

正直なところ、今日の父の状態は判断しかねます。あえて言うと、少し熱がありましたので、体がだるかったのかもしれません。

改めて、父がなぜ目を閉じているかを考えながら、対応しなければならないことの難しさを痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »