« 大切な時期…だと思う | トップページ | 孫の写真を見て② »

2007年1月11日 (木)

父が脳幹出血になった理由

父が脳幹出血になった理由

脳出血になる原因の代表的なものとして、高血圧があります。ただ父が脳幹出血を発症する前、父の血圧が高いという話を聞いたことがありませんでした。また、父の家系で脳出血や脳こうそくを発症した人は、私の記憶にありません。ですから、正直なところ、父が脳出血になるとは思っていませんでした。

一体、何が原因だったのでしょうか?考えられることとして「お酒の飲みすぎ」があります。父がやっていたカラオケ喫茶は、アルコールを出していましたので、毎日相当の量のアルコールを飲んでいました。店が終わってから、フラフラになって部屋に戻ってくるような有様でした。これが原因であることは、間違いないでしょう。(参考資料

酒は百薬の長といいますが、過ぎたるは及ばざるが如しともいいます。
みなさん、くれぐれも飲みすぎにはご注意を!!(自戒)

さて今日の父ですが、相変わらず目を開けたがらなかったものの、腕や指はよい反応をしていました。

過去の記事より

父の今の状況


FP-Yoshikawaで検索してください

|

« 大切な時期…だと思う | トップページ | 孫の写真を見て② »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父が脳幹出血になった理由:

« 大切な時期…だと思う | トップページ | 孫の写真を見て② »