« 予想に反して… | トップページ | 布団という障害物 »

2008年1月31日 (木)

状況報告(平成20年1月)

今月の私の確定拠出年金の状況を報告します。年が明けてからの世界的な株式市場の低迷と、円高の影響でとんでもない状況になってしまいました。日本債券で運用するファンドを除いて、すべてマイナス…
拠出金累計を大幅に下回ってしまいました。

このことが原因なんでしょうか、最近「確定拠出年金」を検索ワードとして、このブログにこられた方が何人かいらっしゃいました。同時に使われた検索ワードから判断すると、資産配分の見直しをした方が良いのか、しない方が良いのかを悩んでいらっしゃる様子です。

そこで、私の考え方を少し書かせていただきます。
(よろしければ参考にしてください。)

私は資産残高全体で元本割れを起こしているような状況のときは、ジタバタ動かない方が良いと思っています。ただし、いずれ日本経済の状況が好転することを前提としてですが…
(日本経済がこのまま回復しないと思われる方は、傷の小さいうちに、リスクの小さい資産にシフトした方がいいかもしれませんね)

投資というのは、安く買って高く売ることが基本だと思います。毎月定額の出資をする確定拠出年金の場合、マーケットが低迷している今のような状況のときは、安い単価でたくさんのファンドを購入できる機会ですよね。
(ドルコスト平均法の基本的な考え方ですね。)

ですから、こんなときは、ジタバタしない方が良いと思うのです。

最も、この先の運用期間が短い方には、当てはまらないかもしれませんが…
このような方の対処法は、また別の機会に…

以下、詳細です。

拠出金累計
910,000円
手数料を除いた拠出金累計
898,302円
1月31日現在の資産残高
855,120円


全国介護施設検索~いいかいご情報~

ネットショップで保険を適用して介護用品を賢く買おう!

クリック募金にご協力ください

ファイナンシャルプランナーによる保険無料相談会のご案内

生命保険の見直しはこちらから

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ

ブログランキング

|

« 予想に反して… | トップページ | 布団という障害物 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 状況報告(平成20年1月):

« 予想に反して… | トップページ | 布団という障害物 »