« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の26件の記事

2008年4月30日 (水)

状況報告(平成20年4月)

今月の私の確定拠出年金の状況を報告します。先月に比べれば状況はずいぶん改善されました。先月は2ヶ月以上の拠出金がなくなっていましたが、今月は1ヶ月ちょっとまで戻すことが出来ました。ファンドごとの損益も先月までは3つのファンドがマイナスになっていましたが、今月は2つになりました。

以下、詳細です。

拠出金累計
1,015,000円
手数料を除いた拠出金累計
1,002,813円
4月30日現在の資産残高
973,573円


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリン暫定税率狂奏曲

今日の衆議院本会議で、ガソリンの暫定税率が再可決されました。日本全国あちこちのガソリンスタンドで、安いガソリンを求める車で長蛇の列が出来ていることでしょう。

父の入院している病院の近くにもガソリンスタンドがあるのですが、相当長い列が出来ていました。列の整理・誘導をしていたガソリンスタンドの従業員さんが、とても大変そうでした。

ガソリン暫定税率狂奏曲 撮影者:吉川幸男
さて、今日の父ですが、心電図の心拍数がいつもより高くなっていました。高いと言っても普段の数値が低いので、一般の人の普通の数値よりちょっと高いくらい。

ただ急にあれだけ上がると、心臓への負担がちょっと心配です。

過去の記事より

体温と心拍数


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

幸いなことに…

幸いなことに… 撮影者:吉川幸男
今日もまぶたはベトベトになっていました。まぶただけでなく、目の回り全体がベトベトになっていました。ということは、父が目を閉じていても、まぶたを上げて目を開けさせることが、極めて難しい状況にあるということです。

幸いなことに、今日は薄目を開けた時に鏡を見せたりして、目を開けさせましたが、明日以降は一体どうなるのでしょうか?
ちょっと不安です。

過去の記事より

一度目を閉じると…


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

まぶたがべっとり…

まぶたがべっとり… 撮影者:吉川幸男
今日は朝から洗濯、自宅の掃除など、なんだかんだで、名古屋に出てきたのが午後3時頃でした。それから食事をして、母のところへ行き、携帯電話のメールの受信設定をしました。

先日、いたずらメールがうっとうしいとのことで、携帯電話の電源を切っていたのですが、たまたま私が母に大事な用件があり、何度も連絡した時に連絡がとれず、危うく大きなトラブルになるところでした。

その反省から、メールの受信制限をしておくことにしたのです。ところが私の携帯電話の会社と母の携帯電話の会社が違うため、使い方が全く違い、えらく時間がかかってしまいました。結局、父のところについたのは夜の7時30分すぎでした。

病室に着いた、ところ父は目を閉じていました。まぶたを上げて目を開けさせようとしたところ、まぶたがべっとり…

床頭台の上にワセリンが置いてありました。先日、私が目じりの目ヤニを取るときに、ちょっと無理にこすったため、目じりに血がにじんでいるのを病院の方が見て、これを塗って下さったのだと思います。これからは目ヤニを取る時、気をつけないと…

今日も反省の私でした。

過去の記事より

母の携帯電話


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

とても体温が低いので…

とても体温が低いので… 撮影者:吉川幸男
今日は、午後からの仕事とその準備のため、夕方に父のところへ行きました。今日の父は、体温が低かった(34度台)ために心拍数も低く、あまり体を動かそうとしませんでした。こんな時に私ができることは、マッサージを終えた後、帰る前に掛け布団をしっかりかけていくことくらいです。

過去の記事より

体温と心拍数


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

もう少し時間が…

もう少し時間が… 撮影者:吉川幸男
今日は、午前中に父のところへ行くことが出来ました。とは言うものの、先日、午前中に父のところへ行ったときに比べると、1時間くらい遅くなってしまいました。1時間遅れであれば、シャキッとしているかと思いき、やさっぱりでした。

父の体内時計を修正して、昼夜逆転の解消を目論んでいるのですが、もう少し時間がかかりそうです。

過去の記事より

昼夜逆転


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

お昼もオネム?

お昼もオネム? 撮影者:吉川幸男
昨日の記事に、今後、朝から父のところへ行くことを試してみる、と宣言しながら、今日は父のところへ行ったのはお昼でした。昨晩、遅くまで仕事をしていたのが原因なのか、ついつい寝坊をしてしまいました。仕方がないので、お昼の空いた時間に父のところに行ったわけです。
(自分のだらしなさに、あきれ返ります。)

さて今日の父ですが、お昼にもかかわらず、なかなか目を空けようとしませんでした。昨日と同じように病室の窓を開けて外を見せたところ、目を開けるのですが長続きしませんでした。ただし父の様子を見ている限り、眠たいわけではないようでした。

結局、対処方法は、いつも同じで
「父の興味のあるものを見せて、視覚の刺激をすること」
ということになるわけです。

過去の記事より

本当に眠いのか?


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

朝はやっぱりオネム…

朝はやっぱりオネム… 撮影者:吉川幸男
今日は、比較的、朝早い時間に、父のところへ行きました。朝はやっぱりオネムのようで、写真のような状態でした。突然、朝、襲われたわけですから、仕方がないかもしれません。こうしたことを解消するために、時間の許す限り、父のところへは、朝早い時間に行こうかと考えています。

朝行くことで、父に朝の光を見せることができます。これは、昼夜逆転の解消につながるかもしれません。また、朝、マッサージをすることで、体がほぐれ、今まで以上に体を動かしてくれるかもしれません。

もちろん、マイナス面もあります。朝の病院は、いろいろとイベントがあるので、マッサージなどに制約を受ける可能性があります。

ただ、プラス面の効果を期待して、試してみようと思ってます。

過去の記事より

改めて気づいたこと④


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

大量にツバを…

大量にツバを… 撮影者:吉川幸男
今日の父は、私が病室に着いたとき、目を開けていました。それでいて憎たらしいことに、私が話しかけると目を閉じてしまう始末…
とんでもないオヤジです。

ところで、今日、父がむせたときに
「口の中にツバを貯めていたんだろう。苦しい思いをするのは、あんたなんだから、飲みこまないかん!」と言ったところ、大量につばを吐き出しました。

私の言ったことが、理解できたのだろうと思いますが、何もそまでしなくてねぇ。

過去の記事より

口の中にツバをためてはいけない


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

父の祈り

父の祈り 撮影者:吉川幸男
今日は母の通院日です。ところが、今日の名古屋は夕方まで雨でした。幸いなことに、母が車を乗り降りする際には小雨だったので、びしょ濡れになるようなことはありませんでした。昨日、父に今日が母の通院日なので、天気が良くなるように祈るよう頼んでおいたことが良かったのでしょう。

さて。今日の父ですが、母が持ってきた写真を一生懸命見ていました。母が特別養護老人ホームから、いろいろなところに連れていって貰った時の写真だったのですが、これを見て自分もあんな風になりたいという欲求が出てくれば良いのですが…

過去の記事より

こんなことなら…


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

進む尖足

父の左足ですが、写真の通り、ずいぶん尖足が進んでしまいました。
進む尖足 撮影者:吉川幸男
一応、毎日マッサージを続けているのですが、思うようにいきません。歯がゆいばかりです。一度、尖足になってしまうと元に戻らないと言いますが、最悪でも現状維持を目指して、これからもマッサージを続けていきたいと思います。

過去の記事より

左足が尖足…


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

改めて気づいたこと⑧

改めて気づいたこと⑧ 撮影者:吉川幸男
今日の父、少しは精神状態が良くなったのか、目を開けている時間が長かったように思います。と同時に、改めて気を使ってやらなければいけないな、と思ったことがあります。

いつも父が目を閉じてしまうと、まぶたを上げて目を開けさせるのですが、この時、私が天井の蛍光灯を指でさして、大きな目を開けさせることがあります。今日も目を閉じてしまった時、同じことをしたのですが、その時に父が目をショボショボさせていました。

表情を見ていると、どうやらまぶしいようです。普段、目を閉じていることが多いので、仕方がないのでしょうが、私に出来ることとして、まぶしくならないように、もう少し気を使ってやる必要はありそうです。

過去の記事より

改めて気づいたこと⑦


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

どうしたものやら⑤

どうしたものやら⑤ 撮影者:吉川幸男
今日の父はとても反応が鈍く、手を動かすことも少なく、目を開けることもほとんどありませんでした。まぶたを上げて目を開けさせても長続きしません。携帯電話で写真を見せてもダメでした。睡魔が原因なのか、精神的な問題なのかわかりません。

どうしたものやら…

過去の記事より

どうしたものやら④


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

前向きになろうね!

前向きになろうね! 撮影者:吉川幸男
今日の父の写真を見ていると、一体どこが悪いのだろう、という気がします。顔色も悪くないし、表情もしっかりしている、マーゲンチューブや人工呼吸器とカニューレをつなぐチューブがなければ、寝たきりの病人には見えないでしょう。

おそらく、今の体調は、悪くはないと判断して良さそうです。

問題は、精神状態…

ほとんど反応しなかった頃に比べれば、ずいぶん良くなっては来ましたが、十分とは言えません。精神的なことは、少し前向きな気持になって貰えれば解決するはずです。

だから、お父様、前向きな気持ちになろうね!

過去の記事より

前向きな行動?


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

明るい時間にもかかわらず…

明るい時間にもかかわらず… 撮影者:吉川幸男
今日も昨日と同様、まだ明るい時間に父のところへ行きました。まだ明るい時間なので、しっかり目を開けているかと思えば、そんなことは全くありません。ほとんど目を閉じています。

それでは眠っているかというと、そうでもないようなのです。起きているにもかかわらず、目を開けようとしないのです。いつものことなのですが、今日は父に一言

「あんた!
 起きとるなら、目を開けとらんと、もったいないでしょ!
 ボケちゃうよ!」

果たして父が、この言葉をどのように感じてくれたか…

過去の記事より

どうしたものやら


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

良い前兆?③

良い前兆?③ 撮影者:吉川幸男
今日、父のところへ行ったのは午後3時過ぎでした。いつもと時間帯が違うせいか、相当眠いようで、ほとんど目を開けてくれませんでした。鏡にも、携帯電話の写真にも、反応しませんでした。それでいて、目を閉じた状態で口を動かしていました。特に大きく口が、開いた時はびっくり…

意識的にしていたのか、無意識にしていたのか、わかりませんが、きっと良い前兆だと思います。

過去の記事より

良い前兆?②


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

そんなことが出来るのなら…

そんなことが出来るのなら… 撮影者:吉川幸男
今日は、仕事の区切りがうまくつかなかったので、父のところへ行く時間が随分遅くなってしまいました。

さて、父ですが、私が病室に着いたとき、いつもの様に目を閉じていました。まぶたを上げて目を開けさせた上で、「今日は忙しかったで来んとこと思ったけど来たったわー!」と言ってやりました。
(相変わらずの親不孝者です。)

それを聞いた父は、口を開けて何か怒鳴りました。もちろん何を言っているかわかりませんが、相当起こっているようです。さらに舌を出して「べー」をする始末…

そんなことが出来るのならば、しゃべる練習してよ!

過去の記事より

親不孝者!!


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

ある実験

ある実験 撮影者:吉川幸男
今日は父に今まで聞かせたことの無いものを聞かせてみました。音楽ではありません。私が聞いて面白いと思った講演のCDです。「『もうひとりの自分』とうまく付き合う方法」という本に付いていたCDです。この本は潜在意識について書かれた本で、とても面白い内容でした。
(興味のある方は、一度読んでみてはいかがでしょうか?)

潜在意識について書いてあるということで、父の潜在意識に何らかの影響を与えることができるのではないかという安易な考えで試したのです。

もちろん、結果は何もありませんでした。ただ父にしてみれば、今まで聞いたことがないものが聞こえてきたのですから、何らかの刺激になっているのではないかと思います。さらに、今後聞かせ続けることで、聞こえてくる内容を理解してくれたら…

淡い期待ですが…

過去の記事より

ちょっとした手ごたえ


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

痛いの?

痛いの? 撮影者:吉川幸男
今日の父は、昨日に比べて状態は良かった様に思います。ただし、必ずしも反応が良かったわけではありません。原因は、どうやら精神的なことのようです。

なぜ、そう思うか…

実は、マッサージをしている時に父の表情が変わったのです。どうせまた、口の中に唾液を貯めていて、それが気管へ流れたためにむせるのだろうと思い、マッサージをやめて、そのことを指摘したところ、どうも違うようなのです。

気のせいかと思って、マッサージを再開したところ、また顔をしかめます。腕の曲げ伸ばしをしているところだったので、もしかして痛いのではないかと思い、父に尋ねてみると、わずかに口を動かします。

腕の曲げ伸ばしのマッサージは、すぐに止めました。果たして、本当に痛かったのかどうかはわかりません。ただ、何らかの意思表示をしていたのは間違いないでしょう。

このように、意思表示をするということからして、状態が悪いわけではないのでしょう。ということで、反応の鈍さの原因は、精神的なものではないかと思うのです。

過去の記事より

思うようにいかないね!


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

体調が…④

体調が…④ 撮影者:吉川幸男
今日の父は、体調が優れないようでした。反応は鈍く、手を動かすこともほとんどなく、目を開けさせても長続きしませんでした。マッサージをしている時に、体を触った感じでは、熱はないようです。ということは、特に深刻な状態ではないと思いますが、しばらく様子を見ていきたいと思います。

過去の記事より

体調が…③


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 6日 (日)

活字に飢えていた?②

活字に飢えていた?② 撮影者:吉川幸男
今日はマッサージを一切せずに「あ・い・う・え・お」のトレーニングと、このトレーニングをさせようとしていることの意味を理解させるために、最近のこのブログを読ませてみました。
「あ・い・う・え・お」のトレーニングには、ほとんど反応しませんでしたが、このブログは一生懸命見ていました。

どうやら活字に飢えていたようです。思えば、このところ音楽も聞かせていないし(当然歌詞カードも見せていません。)、テレビも見せていません。このブログを見せたのも久しぶりのことです。

父に対してしてきた対応、大いに反省しなければなりません。

過去の記事より

活字に飢えていた?


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 5日 (土)

前向きな気持ち⑤

前向きな気持ち⑤ 撮影者:吉川幸男
今日の父は目を開けてくれるものの反応はイマイチでした。口を動かさせるために「あ・い・う・え・お」は続けていますが、私の様子をじっと見ているだけで、ほとんど反応なし…

それだけでも、何もないよりはマシと前向きな気持ちを保とうとする私でした。

過去の記事より

前向きな気持ち④


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

口を動かそうとしているのかな?

口を動かそうとしているのかな? 撮影者:吉川幸男
今日の父は、昨日に比べると、目を開けていることが出来たように思います。目を閉じてしまったとしても、まぶたを上げてやると、目を開けることが出来たので、それだけでも随分違います。

そして、これは気のせいかもしれませんが、いつものように、私が「あ・い・う・え・お」をやったところ、父が口を動かそうとしているのです。今日の父の様子だけではなんとも言えませんが、父が自らの意思で口を動かそうとしたのであれば、とても良いことです。

過去の記事より

口許に耳を近づけると…


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

あれほど嫌がったのに…

あれほど嫌がったのに… 撮影者:吉川幸男
この数日間の父を見ていて感じることは、目を開けたがらないな、ということです。今日は特にひどく、マッサージが終るまで、ほとんど目を開けませんでした。まぶたを上げて無理に目を開けさせると、すぐに目を閉じてしまいましたし、まぶたを上げている最中に、嫌がって目を閉じようとして、まぶたに力をいれることさえありました。また鏡にもほとんど反応しませんでした。それでいて、マッサージが終わってから、携帯電話の中に入っている写真を見せたところ、目を開けているのです。

マッサージが終るまで、目を開けるのをあれほど嫌がったのは、一体なんだったのでしょうか?

過去の記事より

何を言っても…


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

もしかすると…

もしかすると… 撮影者:吉川幸男
今日も父は、あまり目を開けようとしませんでした。ただし、くちびるを尖らせたり、指を動かしたりしていたので、問題ないとは思っています。

さて「あ・い・う・え・お」今日もやってみました。今のところ一度も口を動かしたことはありませんが、私が口を動かして見本を見せていると、じっと見ているので、もしかすると…と思ったりしています。

過去の記事より

喋れるようになるためのリハビリ


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

こんなことで…

こんなことで… 撮影者:吉川幸男
今日の父は、昨日以上に目を開けようとしませんでした。私が病院に行った時間が、ちょっと遅かったのが原因かもしれません。それでいて鏡を見せたときは、目を開けていたので、眠たいわけではないのでしょう。また、一昨日のように「あ・い・う・え・お」とやってやると、しっかり見ています。

こんなことでも父の視覚の刺激になっているのであれば、続けていく価値はありますよね。

過去の記事より

新しい視覚の刺激の方法


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »