« 良い刺激になれば… | トップページ | そんな気になれない… »

2008年10月31日 (金)

状況報告(平成20年10月)

今月の私の確定拠出年金の状況を報告します。円高、株安、金融機関の信用収縮…
悪いことが重なってしまった結果、私の確定拠出年金の資産残高は、先月にも況して惨憺たる状況になってしまいました。

こうした状況を受けてだと思いますが、このブログに「確定拠出年金」とか「401k」のキーワードでいらっしゃる方が増えています。
たぶん皆さんどうしたらいいのか、悩んでいらっしゃるのではないかと思います。

いろんな考え方があると思いますが、私はじっくり様子を見ていくつもりです。すくなくとも、資産残高が下落したリスクの高いファンドからリスクの低いファンドに乗り換えることはしないつもりです。(状況によってはその逆は「アリ」かもしれません。)
毎月の拠出金の配分割合に関しては、リスクの低いファンドの割合を高く変更することも考えられますが、あまり大きな効果は期待できないような感じがします。

いずれにせよ、私の場合、これからまだ10年以上続けていかなければならない資産形成です。今はじっとしているのが最善の策だと思います。

以下、詳細です。

拠出金累計
1,225,000円
手数料を除いた拠出金累計
1,211,835円
10月31日現在の資産残高
934,806円

過去の記事より

状況報告(平成20年9月)


FP-Yoshikawaで検索してください

|

« 良い刺激になれば… | トップページ | そんな気になれない… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 状況報告(平成20年10月):

« 良い刺激になれば… | トップページ | そんな気になれない… »