« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の4件の記事

2012年2月26日 (日)

自作ボタンエイド

先週作ったボタンエイドを母に使ってもらいました。実際に使ってみた母の感想ですが
「軽くて持ちやすい。」
とのこと。特に問題はなさそうです。

ただ私が使っているところをみた限り、針金の部分が少し柔らかいような気がします。また先週も書きましたが、先端の針金と持ち手の接続部分の耐久性に不安があります。

以上ような事が使っていく上で支障があるかどうか、しばらく母に使ってもらって検証してみるつもりです。

2012年5月20日追記
私のボタンエイドの作り方をまとめました。ご覧いただければ幸いです。
ボタンエイドの作り方


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

“指”を失った?

母ですが、どうやら“指”を失ってしまったようです。もちろん本物の指を切断してしまったわけではなく「ボタンエイド」を失ってしまったようなのです。

前に、このブログで紹介した下の写真のボタンエイドは

ステンレス製でとても軽く使い勝手が良かったのですが昨年なくしてしまいました。これと同じものを探したのですが、どうも販売されていないらしく同じものを手に入れることは出来ませんでした。

仕方なく別のものを買ったのですが、写真のものに比べると大ぶりで、やや使い勝手が悪かったようです。
(ごめんなさい、写真はありません。)

今回なくしたのが昨年買ったボタンエイドです。また新しく買えばよいのですが、

母曰く
「針金でボタンをすることが出来たので針金に持ち手をつけてくれればいいよ。」
とのこと…

ということで私がボタンエイドを自作することになりました。

使った材料は…

針金
“指”を失った?

お子様用の縄跳び
“指”を失った?

紙粘土
“指”を失った?
です。

調達先は例によって100円ショップです。

作り方ですが針金で下の写真のような輪っかを作ります。輪っかの直径は3.5センチくらいです。この針金がボタンエイドのボタンを引っ掛ける部分になります。
“指”を失った?

ボタンエイドの持ち手は縄跳びの持ち手を使います。下の写真の様に縄跳びの縄を持ち手からはずし…
“指”を失った?“指”を失った?

針金で作った輪っかを縄跳びの持ち手の先端に固定します。固定するのに紙粘土や縄跳びの縄を短く切ったものを使いました。針金の輪っかの形を整えて出来上がりです。
“指”を失った?

思っていたより良い感じのものが出来上がりましたが耐久性にいささか問題がありそうです。実際に母に使ってもらってから改良を加えたいと思います。

なお針金の輪っかの固定方法を詳しく載せてませんが改良点がこの固定方法になることは間違いなさそうなので、改良後に改めて載せたいと思っています。

2012年5月20日追記
私のボタンエイドの作り方をまとめました。ご覧いただければ幸いです。
ボタンエイドの作り方

過去の記事より

母の指(ボタンエイド)


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

忘れてきたかな…

今日はお昼前に母のところへ行き、母の携帯電話の充電、ふくらはぎのマッサージ、腕の曲げ伸ばし運動をして帰ってきました。ですから30分くらいしか母のところにはいませんでした。

時間が短くなってきているのは、それだけ心配事が少ないからだといえます。母の体調も随分良さそうですし、少しずつ出来ることが増えてきているようです。そうかと言って無理もしていないようですし…

次回は少し時間をとって先週の部屋の片付けの続きでもしようかと思っています。

それはそうと、母の携帯電話を充電器からはずしてくるのを忘れてしまったような気が…


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

押入れの整理

今日はお昼前に母のところへ行き、その後夕方5時半過ぎまで母の部屋の整理をしました。もっとも今日は母の入浴日だったので、母と一緒にいたのは2時間弱でした。また特養にいた時間も同じくらいで、その他の時間はあちこちに買い物へ行っていました。

そもそも母が部屋の整理をしようと思い立ったのは、ほぼ1年前のことでした。ところが部屋の整理を始めてまもなく母が転倒してしまったのです。その後、体調が戻るのを待っていたのですが、今度は脳梗塞になってしまったのです。

結局、部屋の整理は出来ないまま今日に至ったのですが、母が特養に入ってからもうすぐ12年になります。入ったときに比べ荷物が随分増えています。何かを買ってくるつど、不必要なものを捨てて整理しておけば良かったのでしょうが今となっては…

母自身どこに置いてしまったか分からなくなっているものが結構あるようです。さらにもう少し広く使えるはずの部屋が狭くなっているのも事実です。母が転倒した原因も足元を気にして不安定な姿勢をとったからのようですし…

母の体調が万全であれば自分で片付けるのでしょうが、まだ体調に自信がないこと、今度転倒したら大変なことになるのではという不安から片付けられないというのが現実です。私も同様の不安を持っています。

ということで私が片づけをすることにしたのですが、一体何から手をつけて良いのやら…
一応「こう片付けよう!」という考えを持っていたのですが、どうもしっくりきませんでした。結果的に押入れの中を整理する程度のことしか出来ませんでした。

「やっぱり私は片づけが苦手だ!」
今日は改めてそんなことを気づかされる1日になってしまいました。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »