« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の13件の記事

2012年7月25日 (水)

昨年の秋以降、母が行ってきたリハビリ

母が退院してから、そろそろ一週間になります。特養の職員さんからの連絡によると、特に問題なく毎日を過ごしているようです。

さて母が今回入院する前から、このブログに関連して、一度整理しておかなければいけないと思っていたことがあります。

昨年秋、母が脳梗塞を発症し短期間の入院のにち、病院を出てきてから行ってきたリハビリに関する動画をまとめて掲載することです。

母の脳梗塞はとても軽いものだったので、参考にはならないかもしれませんが、これは私の自己満足ということでお許しを…

立上り訓練(平成11年3月16日「立上り訓練」で掲載)

母が平成13年に行った股関節の人工関節置換手術後、退院してから一生懸命していたのがこのトレーニングです。ある時期から止めていたのですが、母の足の衰えを感じた時に再開させました。人工関節置換手術後に比べると、年齢のせいでしょうか、立上がり方が弱々しく感じます。なおトレーニングを行う際には、しっかりした背もたれのついた安定した椅子や手すりで行うようにしてください。バランスを崩して転倒してしまっては元も子もありませんから…

足踏み訓練(平成11年11月27日「足踏み訓練」で掲載)

母の足が衰えていく様子を観察していて、足がほとんど上がっていないと思い、意識的に足を上げさせる目的で始めたのがこのトレーニングです。もともと、歩く際には歩行器を使っているので、足はあまり上がらなかったのですが、足を上げることで、足の衰えを防げるということを知り始めました。

腕のトレーニング(平成11年12月17日「腕のトレーニング」で掲載)

100円ショップに売っている細いゴムチューブのトレーニング用具を使って腕の筋肉を鍛えているところです。これも脳梗塞を発症する前から行っていました。ビデオでは全身を使ってゴムチューブを引っぱっていますが、腕を鍛えるのであれば、腕だけで引っぱった方が効果があります。調べてみると足の踏ん張りが利いていないようでしたので、踏ん張れるようにしたところ、少し改善されました。このトレーニングを行う際にも、しっかりした背もたれのついた安定した椅子に座って行うようにしてください。のけぞった際に転倒してしまう可能性がありますから…

次の二本は退院直後と退院約2ヶ月半後のビデオです。一応、同じことをしていますので回復具合がよくわかると思います。

脳梗塞後のトレーニング(平成11年11月19日「ハードトレーニング?」で掲載)

母がトレーニングの仕方を理解していなかったのか、出来なかったのか定かではありませんが、一応、おもりを使った腕の曲げ伸ばしをさせているつもりです。おもりは右手のみで、重さは250gです。

二つのおもりを使った腕の曲げ伸ばし運動
(平成12年1月14日「二つのおもりを使った腕の曲げ伸ばし運動」で掲載)

左右それぞれの手におもりをつけて腕の曲げ伸ばしをしています。おもりの重さは右が500g左が250gです。

ふくらはぎの刺激方法(平成12年7月15日「ふくらはぎの状態」で掲載)

最後は先日掲載した足首を動かしてふくらはぎを刺激しているところです。

なお、母が普段使っている自助具については、前にまとめて掲載したことがあります。
(まだ、ご覧になったことのない方は、こちらです。ぜひ、一度ご覧下さい。)

過去の記事より

母のビデオ(過去掲載分)


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

母の退院と父の命日

母ですが、今日、午前中に退院しました。本来であれば私が迎えに行くべきところなのですが、特養の職員さんにお任せしました。というのも明日が父の命日であたるため、お墓参りに行きたかったからです。

9時30分頃に自宅を出て11時30分頃にお墓に着きました。約1時間くらいの間に、お墓の掃除をしたり、花を供えたり、お参りをしたり…

その後、母のところへ行きました。

母の所で病院の請求書を受け取り、支払をしに行き、また母のところへ戻り、部屋の片づけをしました。しばらくすると妹が来てくれたので、部屋の片づけを妹に任せて私は自宅へ…

その後、仕事場へ直行…
夕方になってしまいましたが、少しだけ仕事をすることが出来ました。

何とか予定していたことをこなすことが出来ました。
(キチンと考えてやれば出来るんですよね…【自戒】)

過去の記事より

父、克之永眠


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

明日、退院です

母ですが、明日、退院することになりました。
色々とご心配をおかけいたしました。

ということで、明日の退院に備え今日は夕方に母のところへ行きました。病院へ行った時間が少し遅かったので夕食は母が自力で済ましていました。

改めて書いておきますが、母は自力で食事できないわけではありません。私の食事の介助は、あくまで私のおせっかいです。

少し母と話をしたあと、明日の準備をしてから今日は帰ってきました。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

お茶の飲ませ方の工夫

今日も母の昼食時間にあわせて病院へ行きました。少し遅れたため母は既に食事を始めていました。様子を見ていて食べにくそうにしていると感じた時点で、私のおせっかいが始まります。

ご飯を食べさせ、おかずを食べさせ、お茶を飲ませ、自分ではうまくなっているつもりでしたが、母からクレームが!
お茶がうまく飲めないとの事…

ちょっと、らくのみを口に深く入れすぎてしまったようです。
このようなことを経験する機会は、あまりないでしょうから、謙虚に母のクレームを聞きながら、飲ませ方の工夫をしてみたいと…


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

ふくらはぎの状態

今日は母の昼食の直前に病院へ行きました。私が病室に着いたとき、母は眠っていたようなのですが、人の気配を感じ起きてしまいました。
(要するに寝ていたのを起こしてしまったのですが、すぐに昼食だったわけですから許されますよね…)

食事は母が自力で出来るのですが、おせっかいな息子が今日も無理やり手伝います。
食事の手伝いを始めたばかりの頃は下手でしたが少しずつ上手くなっていると…)

食事を終えてから退院が近いのでふくらはぎの状態を確認しました。ふくらはぎは第二の心臓ともいわれる場所ですから、父の時も入念にマッサージをした場所です。触ってみたところ、昨年、脳梗塞で入院した頃に比べて とても良い状態でした。

リハビリの効果が出ているようです。
また母が足首を動かすことで、ふくらはぎを動かしているのも良いようです。

下の動画は足首を動かしてふくらはぎを刺激している様子です。

過去の記事より

ふくらはぎと高血圧


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

ついつい手が…

今日は母の昼食中に病院へ行きました。私が病室につくまで一人で食事をしていました。自力で食べれるか確認したところ、食べれるとの事だったので手を出さずに見ていました。でも私はダメですね…
食べにくそうにしているのを見ていると、ついつい手を出してしまう…
結局、食事の手伝いをしてしまいました。
(反省です。もっとも、手伝うのは病院にいる間だけですが…)

さて病室に母が入院してから行った血液検査の結果がおいてありました。見てみると貧血の状態が改善されているのがよく分かりました。

母は、来週、早い時期に退院ということになりそうです。
このまま順調にいってくれれば、何とか落ち着けそうです。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

もうすぐ退院?

今日は、いつもより少しだけ遅く母のところへ行きました。病室につくと母は夕食を食べているところでした。そのまま母に自力で食べさせておいても全く問題がないのですが、若干食べにくそうにしていたので、今日も食事の手伝いをすることにしました。

食事をしながら母から聞いた話によると…

  1. 貧血はずいぶん改善された。
  2. 順調にいけば来週には退院できそう。
  3. リハビリを行っている。

ということでした。

母の顔色も良くなっていますし、話し方もしっかりしてきました。
ふくらはぎを触ってみましたが、昨年脳梗塞で入院した後に比べると随分しっかりしていました。

私の感じでも退院は近そうです。

であれば…
母上様、あまり無理をなさらず、しっかりリハビリに励んでください。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

リハビリ開始?

今日も母のところへ行ったのは夕方です。食事の手伝いをしたり、母の話を聞いたり、いつもの通りでした。

あえていつもと違っていたことと言えば、リハビリ(理学療法士)の先生と挨拶をしたことです。母の担当の作業療法士の先生もいらっしゃるようです。

ということは、今後、今の病院でリハビリをするということですよね…

であれば…
母上様、がんばってくださいね。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

食事の介助

今日は夕方に母のところへ行きました。母はベッドに横になってラジオを聴いていました。
顔色を見る限り順調なようです。検査の結果を母から聞きましたが、昨日、妹からもらったメールの通りでした。ただ月曜日の検査の件は母の頭には入っていないようです。

その後、母の夕食の介助を行いました。食事の介助は本来必要はないのですが、前に食事をしているところを見ていた時、とても食べにくそうにしていたので入院中くらいは手伝おうと思った次第です。
(母の体の機能のことを考えると手伝うべきではないと思います。)

食事が終わった後、少し話しをしてから帰ってきました。

明日は、お昼前にいければと思っています。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

大腸の検査

今日は妹が母のところへ行ってくれたので、大腸の検査の結果は妹からのメールで知りました。

妹からのメールによると直腸に潰瘍が見つかったものの既に出血は止まっているとの事…
したがって今日の夕食から食事が再開されたようです。
また月曜日に血液検査をする予定です。

明日は私が母のところへ行くことになっていますので、詳細はまた改めて…


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

随分、顔色がよくなりました

最初に一つお詫びしなければならないことが…
一昨日、行うものと思っていた母の大腸の検査ですが、まだしていません。
明日、行います。

さて今日は夕方に母のところへ行ってきたのですが、随分、顔色がよくなっていました。貧血が改善されているようです。体調も良くなっている様な気がします。私が病室に着いたときも、いつものように寝ていなくてベッドを起こしていましたから…

また昨日の夕食から食事が出来るようになり、私がいる間に食事をしました。食欲も旺盛です。もっとも明日の午後に大腸の検査がありますので明日はまた食事が無いようですが…

食事が終わってから暫くして特養の職員さんが二人お見舞いに来てくださいました。お二人も母の顔色が良くなったことを喜んでいました。

これで明日の検査の結果次第では比較的早い時期に退院ということに…
そうあってほしいものです。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

母のホンネは?

今日は、まず母の特養へ着替えのパジャマを取りに行きました。パジャマと洗濯物を入れるかごを持って特養を出て、特養から病院までの途中にある100円ショップでウェットティッシュを買いました。

そして病院へ…

母はベッドで寝ていました。(当たり前ですね。)
今日は胃カメラの検査とCTの検査を受けたようです。はっきりした検査結果は出ていないようですが、今日のところは特に問題はなかったようです。

ということで明日は大腸の検査をするようです。この検査の経験者の話によると、相当、体力を消耗するようです。
(昨日も書きましたが私は経験がないので大変さが分かりません。)

母はそれほど不安そうではありませんでしたが果たしてホンネはどうか…
次に会った時、母の口からどんな言葉か聞かれるのでしょう。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

母が入院しました

今日、お昼過ぎに母のいる特養から電話がありました。朝から体調が悪かったため病院へ連れて行ったところ、酷い貧血になっているため入院する事になったと。ついては輸血をするために承諾書にサインが必要になるので病院へ行ってほしいとの事。私は都合が悪くすぐに行けなかったので妹に病院へ行ってもらう事にしました。

私は大急ぎで仕事を片付けて自宅に戻り、車で母が入院した病院へ向かいました。病室に着くと母はベッドに寝ており、妹がベッドの脇に座っていました。輸血のための承諾書は既に妹がサインをして病院に出してくれていました。母の顔色はそれほど悪くありませんでした。点滴をしていたのでその効果があったのかもしれません。

その後、主治医の先生がいらっしゃっり明日以降に胃カメラによる検査をするとの事。胃カメラで異常が見つからなかった場合は大腸の検査をする事になるようです。こうなるとチョット大変なようですね。
(私、この年までどちらの検査の経験もありませんのでどの程度大変か分かりません。)

輸血が始まったのはそれから暫くしてから…
大体6時過ぎだったと思います。この病院の面会時間が8時までなのですが、その時点でまだ輸血は続いていました。

約2時間…

輸血が終わったあとも点滴が続くようで…
大変だ…

出来ることならば私は病院のお世話になりたくはありませんね。


FP-Yoshikawaで検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »