« 高齢者の誤飲・誤食事故 | トップページ | これからの日本の介護は… »

2015年9月30日 (水)

介護保険のことば(27)介護老人福祉施設

介護保険の用語などの簡単な説明、今日は「介護老人福祉施設」についてです。

「介護老人福祉施設」については、「介護保険法」第8条第26項で、次のように規定しています。

第8条

26 この法律において「介護老人福祉施設」とは、老人福祉法第20条の5に規定する特別養護老人ホーム(入所定員が30人以上であるものに限る。以下この項において同じ。)であって、当該特別養護老人ホームに入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行うことを目的とする施設をいい、「介護福祉施設サービス」とは、介護老人福祉施設に入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話をいう。

この条文では、前半で「介護老人福祉施設」について、後半で「介護福祉施設サービス」について規定しています。

まず「介護老人福祉施設」から…

「『介護老人福祉施設』とは、老人福祉法第20条の5に規定する特別養護老人ホーム(入所定員が30人以上であるものに限る。以下この項において同じ。)であって、当該特別養護老人ホームに入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行うことを目的とする施設をいい」となっていますので、これを整理すると…

「介護老人福祉施設」とは

入所定員が30人以上の特別養護老人ホームで
そこに入所する要介護者に対して
施設サービス計画(ケアプラン)に基づいて
介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行うことを目的とする施設

となります。

整理した内容で特に問題ないと思いますが、2点補足しておきたいと思います。

1つ目が、入所定員が30人以上になっていることです。
入所定員が30人未満の特別養護老人ホームは、「地域密着型介護老人福祉施設」になります。

2つ目ですが、「地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護」で出てきた「特別養護老人ホームの重点化」は、当然「介護老人福祉施設」も対象になります。
したがって、「介護老人福祉施設」に入所できるのは、原則として要介護3から5の方、例外として要介護1から2で自宅で生活することが困難な方です。

次に「介護福祉施設サービス」ですが…

「『介護福祉施設サービス』とは、介護老人福祉施設に入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話をいう。」となっていますので、これも整理すると…

「介護福祉施設サービス」とは

介護老人福祉施設に入所する要介護者に
施設サービス計画(ケアプラン)に基づいて行われる
介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話

となります。

こちらは特に補足することはありません。

過去の記事より

介護保険のことば(26)介護保険施設・施設サービス


FP-Yoshikawaで検索してください

|

« 高齢者の誤飲・誤食事故 | トップページ | これからの日本の介護は… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険のことば(27)介護老人福祉施設:

« 高齢者の誤飲・誤食事故 | トップページ | これからの日本の介護は… »