« 平成27年10月17日介護関連ツイート | トップページ | 平成27年10月18日介護関連ツイート »

2015年10月18日 (日)

介護予防支援ツール「リハエール」

昨日(10月17日)の「みんなの介護ニュース」に、こんな記事が出ていました。

「国際福祉機器展」でも大好評!
ジェスチャー入力コントローラーを使った介護予防支援ツールとは

東北福祉大学富士通システムズ・イーストが共同で開発した、「リハエール(RehaYell)」という介護予防支援ツールの紹介記事です。

記事では…

『リハエール(RehaYell)』は、MicrosoftがPCや家庭用ゲーム機などのために開発したジェスチャー入力コントローラー“Kinect”を使用しており、ゲームの要素を取り入れた介護予防支援ツールとして注目を集めています。

みんなの介護ニュース
「国際福祉機器展」でも大好評!
ジェスチャー入力コントローラーを使った介護予防支援ツールとは
』より)

としています。

さらに、東北福祉大学サイトでは…

リンゴゲームや綱渡り、足上げゲームなどを通して、本人ばかりでなくグループ全体で楽しめる。加えて個人のバランス能力や筋力アップにつながり、転倒防止やリハビリ効果も見られることから、高齢者の幅広い利用が期待されている。

としています。

文字だけでは、イメージがわかない…
富士通システムズ・イーストが、動画を公開していました。
ぜひ、ご覧ください。

この介護予防支援ツール、とても興味深いです。
介護予防や転倒予防のための筋力・バランス能力・脳のトレーニングが できること、トレーニングの実施結果を記録できること、運動機能計測が できることなど、先日書いたフレイルの予防が効率的に できるのではないかと思いました。

できることなら、実物を見たいですね。
実際に使っているところを見たいです。

過去の記事より

フレイル


FP-Yoshikawaで検索してください

|

« 平成27年10月17日介護関連ツイート | トップページ | 平成27年10月18日介護関連ツイート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護予防支援ツール「リハエール」:

« 平成27年10月17日介護関連ツイート | トップページ | 平成27年10月18日介護関連ツイート »