« 平成27年11月1日介護関連ツイート | トップページ | 平成27年11月2日介護関連ツイート »

2015年11月 2日 (月)

大きな口を開けて…③

一昨日(10月31日)の「みんなの介護ニュース」に、こんな記事が出ていました。

口腔系の機能強化や認知症予防にも最適!
高齢者向けの健康法は「歌う」こと?

父が元気な頃カラオケ喫茶を経営していたこともあって、「高齢者向けの健康法は「歌う」こと?」とは何とも気になります。

記事によれば…

「歌う」ことにはいろいろな効能があるといわれています。たとえば、口をよく動かすことによる老化の防止、唾液の分泌液を増やして感染症への抵抗力増強、ものを飲み込むための嚥下機能を鍛え、誤嚥性肺炎のリスクを抑制と、口腔系だけでもこれだけが挙げられます。

みんなの介護ニュース
口腔系の機能強化や認知症予防にも最適!
高齢者向けの健康法は「歌う」こと?
』より)

とのこと…
この辺りは、「くちびる体操」に通じるところもありますね。
その他の効果として…

歌詞やリズムを覚える行為は脳に刺激を与えるため、認知症の予防にもつながるほか、自律神経が整ったり、細胞の免疫力がアップするなど、高齢者に嬉しい健康法だといえそうです。

腹式呼吸をマスターすれば、インナーマッスルをトレーニングにもつながりますし、思いきり歌うことはストレスの解消にもなります。

みんなの介護ニュース
口腔系の機能強化や認知症予防にも最適!
高齢者向けの健康法は「歌う」こと?
』より)

認知症の予防、細胞の免疫力アップ、インナーマッスルのトレーニング…
色々な効果が期待できそうですね。
個人的には古い歌を思い出すことで、回想法的な効果も期待できるのではないかと…

そういえば父が経営していたカラオケ喫茶にも、軽い脳梗塞を患った方が退院してからリハビリを兼ねて いらしゃってましたね。

それに父の身体の動きが悪くなったのと、口の開きが小さくなったのも関連があると思っていますし…

いずれにせよ、大きな口をあけて歌うことが出来れば楽しいでしょうし、楽しければ気持ちも明るくなります。
病は気からともいいますからね。

大きな口をあけて大いに歌いましょう!
そして健康な日を一日でも長く続けましょう!!

過去の記事より

大きな口を開けてください②


FP-Yoshikawaで検索してください

|

« 平成27年11月1日介護関連ツイート | トップページ | 平成27年11月2日介護関連ツイート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きな口を開けて…③:

« 平成27年11月1日介護関連ツイート | トップページ | 平成27年11月2日介護関連ツイート »