« 春の兆し | トップページ | 平成28年2月23日付 厚生労働省からの注意喚起 »

2016年2月22日 (月)

ふと思ったこと…

私、昨日、もう一つのブログ「FP-Yoshikawa独り言」で、次のタイトルの投稿をしました。

不労所得を得るために必要な資産

この中で、毎月20万円の不労所得を定期的に得るために必要な資産を年間利回り1%~5%で計算してみたんです。
こんな感じで…

毎月20万円得るために必要な資産額は…
まず月々に得る金額を年間に直します。

20万円×12ヶ月=240万円

この金額を
年1%の利回りで得るために必要な資産額は…

240万円÷1%=2億4,000万円

年2%なら…

240万円÷2%=1億2,000万円

年3%なら…

240万円÷3%=8,000万円

年4%なら…

240万円÷4%=6,000万円

年5%なら…

240万円÷5%=4,800万円

FP-Yoshikawaの独り言:「不労所得を得るために必要な資産」より)

そして、その時、ふと思ったんです。

年5%だったら、俺の学生の頃、定期預金の利息で それくらい あったよな…

そして、もう一つ、ふと思ったことがあるんです。

待てよ、お年寄りが高利回りを謳う投資詐欺の被害に遭うのって、この頃の経験が影響していないか?

と…

何を くだらないこと言ってるの!」なんて、お叱りを受けそうですが、私自身、「240万円÷5%=4,800万円」という計算式を見ていて、スーと引き込まれそうな感じがしたものですから…

一人前に成りきれないファイナンシャルプランナーの くだらない注意喚起ですが、頭の片隅にでも置いていただければ幸いです。

B_ornament_29_0m

なお、投資詐欺に関連して、金融庁から次のガイドブックが公表されていますので、併せて紹介させていただきます。


あやしい投資勧誘にご注意!

過去の記事より

高齢者一人で詐欺を防ぐことは難しい


FP-Yoshikawaで検索してください

|

« 春の兆し | トップページ | 平成28年2月23日付 厚生労働省からの注意喚起 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふと思ったこと…:

« 春の兆し | トップページ | 平成28年2月23日付 厚生労働省からの注意喚起 »