« 長寿安心年金 | トップページ | 原因はどちらに? »

2016年6月11日 (土)

前向きに、前向きに!

5月18日付の中日新聞の医療・健康情報サイト、「つなごう医療 中日メディカルサイト」に掲載された次の記事、なかなか興味深いです。

認知症リスク 前向き感情で低く

前向きな感情を持つことで認知症を発症するリスクが減るというのですが…
この記事の元になった研究のプレスリリースが、「日本老年学的評価研究(JAGESプロジェクト)」から出ていました。

ポジティブ感情で認知症リスクが半減

この研究は、「国立長寿医療研究センター」を中心とするグループが、愛知県内の6つの自治体に住む65歳以上の高齢者、14,286人を対象に4年間の追跡調査を行い、ポジティブ感情と認知症発症との関連を まとめたものです。

ポジティブな感情を表す質問項目に、「はい」か「いいえ」で答えてもらい、その後の認知症の発症との関連を分析しました。
質問項目は次の5つ…

  • 今の生活に満足していますか
  • 普段は気分がよいですか
  • 自分は幸せなほうだと思いますか
  • こうして生きていることはすばらしいと思いますか
  • 自分は活力が満ちていると思いますか
そして結果は…
追跡調査を行った4年間に、801人(男性 333人、女性 468人)の方が認知症を発症…
質問項目との関連を分析すると…
5項目すべてに「はい」と回答していた高齢者は、「はい」が1つもなかった高齢者に比べ、認知症になるリスクが男性でおよそ50%、女性では70%減少していました。また、「はい」の項目が1つ増えるごとに、リスクはおよそ13%から21%減少していました。
日本老年学的評価研究(JAGESプロジェクト)プレスリリース:「ポジティブ感情で認知症リスクが半減」より)
とのことです。

医学的な研究の結果ではないので、「こんなものは…」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、このプレスリリースの冒頭に、「幸福感や満足感などポジティブな感情を強く持つ人ほど、健康状態が良いという多くの研究報告があります。日本老年学的評価研究(JAGESプロジェクト)プレスリリース:「ポジティブ感情で認知症リスクが半減」より) 」とあります。
また、「病は気から」という言葉もあります。
ポジティブな感情を持つことで、認知症の発症を完全に防ぐことは出来ないでしょうが、リスクが減るというのであれば、とても有意義なことだと思います。
毎日の生活を…

前向きに、前向きに!

と心がけたいですよね。

過去の記事より

認知症チェックリスト


FP-Yoshikawaで検索してください

|

« 長寿安心年金 | トップページ | 原因はどちらに? »

コメント

「笑うことは身体にいい(健康の秘訣)」というアレですね。

拡大解釈(歪曲?)して、「ニコニコしていれば放射能は来ない」なんて言った医者もいましたが…。

一般的には「免疫力が上がる」と言われていますね。

科学や医学だけではまだまだ解明出来ないことも、
頭ごなしに否定せずにいたいですね。
どうせ人間は、万物を創造した神様ではないのですから(苦笑)。

というと、「占いで都合のいい結果だけを信じる」のとごっちゃにされてしまいそうな側面もありますが…

一部の人に根強い人気の根性論に対して
「下手に根性論を振り翳すより、プラシーボ効果(思い込み効果)を上手く利用した方がいいのにな…」
と個人的に考えています(*´∀`)/

投稿: 北巳ひろゆか | 2016年6月12日 (日) 04時44分

北巳ひろゆか 様

コメント有り難うございます。
> 科学や医学だけではまだまだ解明出来ないことも、
> 頭ごなしに否定せずにいたいですね。
本当にそう思います。
世の中で起きていることで、解明できていないことの方が多い可能性が高いかもしれないのに、科学的に云々と言うのは いかがなものかと思います。

> 一部の人に根強い人気の根性論に対して
> 「下手に根性論を振り翳すより、プラシーボ効果(思い込み効果)を上手く利用した方がいいのにな…」
> と個人的に考えています(*´∀`)/
同感です。
思い込みが強すぎるのも問題ですが、良い意味での思い込みがないと、何も始まらないような気がします。
良い意味での思い込みを持たせることが大切なんでしょうけどね。

投稿: FP-Yoshikawa | 2016年6月12日 (日) 13時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前向きに、前向きに!:

« 長寿安心年金 | トップページ | 原因はどちらに? »