« 介護給付費等実態調査月報(平成28年8月審査分) | トップページ | 平成28年9月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »

2016年10月27日 (木)

希望する介護像

将来、自分自身に介護が必要となった時、どんな介護を受けたいか考えたことが ありますか?
また、親などの家族に介護が必要になった時、どんな介護を受けさせたいですか?

高齢社会に関する意識調査では、こんな質問をしています。

自分の介護が必要になった場合にどこでどのような介護を受けたいですか。

厚生労働省:「高齢社会に関する意識調査」より)
その結果が次のグラフです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo
厚生労働省:「高齢社会に関する意識調査」より)
70%を超える人(73.5%)が自宅での介護を望んでいるのですが、そのうちの半数を超える人は、「家族に依存せずに生活できるような介護サービスがあれば自宅で介護を受けたい(37.4%)」と考えています。

要するに、自宅で介護を受けることが理想であるものの、家族に負担をかけてまで自宅での介護を望んでいない、ということなのでしょう。

その辺り、男女別にみると大きな違いが出てきます。
次のグラフが その結果です。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo_2
厚生労働省:「高齢社会に関する意識調査」より)
男性では、「家族に依存せずに生活できるような介護サービスがあれば自宅で介護を受けたい」と答えている人の割合が一番多いものの、「自宅で家族中心に介護を受けたい」と答えている人の割合も4分の1近くを占めています。

女性では、「家族に依存せずに生活できるような介護サービスがあれば自宅で介護を受けたい」と答えている人の割合が男性より12ポイント高く、「自宅で家族中心に介護を受けたい」と答えている人の割合が男性より10ポイント低くなっています。

この結果は、男性の方が「知らない人の世話にはなりたくない」と考えている人が多いということなのでしょうか…
それとも、「環境の変化には弱い」ということなのでしょうか…

どちらにしても、自分自身や親などの家族の介護を考える際に、頭の片隅に入れておいた方が良いデータだと思います。

過去の記事より

在宅介護を望む理由?


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 介護給付費等実態調査月報(平成28年8月審査分) | トップページ | 平成28年9月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »

コメント

最初から脱線したコメントであることを、ご容赦下さい。

「下の世話」の介護に、女性は男性より遥かに敏感で神経質です。
(この表現に語弊があるようでしたら、申し訳ありません)

この数年間(?)で、50代や60代の女性がワキ毛の永久脱毛よりも、陰毛の永久脱毛をエステにて施術してもらっているそうです。

元々は、若い女性が下着や水着のデザインを気にせずに着用したい等の理由から(他にもありますが割愛しますね)、そのニーズに応える形で脱毛エステがメニューとして取り入れたと聞いております。

それが、下着や水着のデザイン云々とは縁遠くなっているハズの「何故50代60代の女性が…?」と思っていました。
(ここも失礼な言葉で、該当される方々には申し訳ない限りですが…)

実は、「いつか下の世話を誰かにしてもらう為の準備」なのだそうです。

「単純に、毛がない方が介護する側は簡単だろうというのは、赤ちゃんのオムツ交換や、出産時の剃毛からしても、容易に想像出来る」というのが、最大の理由で、

「まだエステに通える元気と時間がある内に」との事です。

※エステティシャンと、実際に施術を受けられている60代の方から直接お聞きしました。


毎回、男性を責めるようなコメントばかりで恐縮ですが

「女性はそこまで考えているのか…」と思うと、
このデータの示す数字にも別の側面が見えて来るような気がしてなりませんでした。


余計なコメントなのは重々承知ですが、つい…吉川さんだからこそ、お伝えしたいと思った次第です。

以上、失礼致しました。

投稿: 北巳ひろゆか | 2016年10月30日 (日) 06時49分

北巳ひろゆか 様

コメントをいただき有り難うございます。
永久脱毛の件、驚きました。
そこまでの意識をお持ちなんですね。
男には想像できないレベルの話だと思います。
もしかすると、この件を教えてもらっても、ピンと来ない人もいるのでは、と思ったりします。

そして…
> 「女性はそこまで考えているのか…」と思うと、
> このデータの示す数字にも別の側面が見えて来るような気がしてなりませんでした。
については、ご指摘の通りかもしれませんね。

いずれにせよ、貴重な情報を いただき感謝です。
改めて、お礼を申し上げます。
有り難うございました。

投稿: FP-Yoshikawa | 2016年10月30日 (日) 14時30分

吉川さ~ん…

今更ですが。

しかも、産經の記事ですが。

発見しちゃいました。

http://www.iza.ne.jp/smp/kiji/life/news/161229/lif16122918490012-s1.html

(引用)
アンダーヘアの手入れはほかにも、エステサロンが「光脱毛」という手法で施術しているが、永久脱毛ができるのは「レーザー脱毛」や、毛穴に針を入れ電気を流す「ニードル脱毛」を扱える医療機関だけだ。

※ひろゆかの知ってる情報と、ココは異なります。
(医療機関でなくても、レーザーやニードルは公然と行っていました。現在、何か規制がかかったのであれば別ですが…)

尚、国民生活センターが注意を呼びかけるまでもなく、ネットで検索する癖の付いてる人なら「
自分で調べた上で知り合いに直接聞いてみる」という手段に出ます(笑)。

他にも、個人的には『どうもニュアンスがおかしい…』と違和感のある記事ではありますが、

中高年が将来介護される事を前提に…

「介護をした経験から、将来自分が介護を受ける際に、排泄(はいせつ)の処理で迷惑をかけたくないという方もいる」と(引用)

の部分に関しては、ひろゆかの遭遇した事実(証言?)と同じなのでご紹介まで。

投稿: 北巳ひろゆか | 2017年1月24日 (火) 18時09分

北巳ひろゆか 様

わざわざ有り難うございます。
感謝致します。

投稿: FP-Yoshikawa | 2017年1月26日 (木) 16時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希望する介護像:

« 介護給付費等実態調査月報(平成28年8月審査分) | トップページ | 平成28年9月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »