« 親が考える、子供への介護の負担 | トップページ | 利用者負担の見直し(一部修正に関する情報) »

2016年12月20日 (火)

バスボード

寒い冬…
お風呂は、湯船にゆっくりと浸かりたいですね。
しかし、歳をとると筋力の低下などが原因で、浴槽をまたぐことが難しくなる場合があります。
私の母もリウマチの影響で、「浴槽を またぐのが難しくなった」、と言っていた記憶があります。
そんな人のために、バスボートという商品があるのですが…
(恥ずかしながら、最近 知りました。)

入浴を補助する「バスボード」の利用方法と選び方

安心介護

今日は、そんなバスボートでも、従来の商品と一味違ったものを紹介したいと思います。
東京都港区にあるアロン化成株式会社という会社の、衛生・介護用品のブランド「安寿」で販売している、「バスボード はねあげくん」という商品です。
下の写真がその商品です。
従来のバスボートは、板状になっているため、バスボートを設置したままでは、浴槽で座位などの姿勢をとることが難しく、バスボートを外す必要がありました。
バスボード はねあげくん」は、中央部を「はねあげ」られるため、バスボートを外す必要がありません。
また、「キノコ型グリップ」を2つ取り付けることで、浴槽を安全に またぐことが出来ます。

You Tubeに商品説明の動画が出ていました。
わたしの稚拙な説明より、動画の方が、この商品の良さが分かると思います。
ぜひ、ご覧下さい。

このような商品を使うことで、安心して お風呂に浸かることができそうですね。
でも、入浴時の体調の変化には、くれぐれも お気をつけ下さい。

過去の記事より

高齢者の入浴中の事故に御注意ください!

突然、高さが変わると…


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 親が考える、子供への介護の負担 | トップページ | 利用者負担の見直し(一部修正に関する情報) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスボード:

« 親が考える、子供への介護の負担 | トップページ | 利用者負担の見直し(一部修正に関する情報) »