« 介護給付費等実態調査月報(平成28年10月審査分) | トップページ | 震災と高齢者 »

2016年12月23日 (金)

フレイル②

このブログで最初に「フレイル」という言葉を紹介したのは、昨年10月のことでした。
その後、何度か「フレイル」という言葉が出てきた投稿はありますが、「フレイル」をテーマにした投稿はありませんでした。

今日は、久しぶりに「フレイル」を取り上げてみたいと思います。
どんなことを取り上げるのか…
「フレイル」という言葉の認知度です。

前に紹介した、ファイザー株式会社が行った「介護の日 全国47都道府県“親子の介護予防ギャップ”意識調査」で、親世代、子世代の両方に対して、次の質問をしています。

フレイル(要介護状態になる手前の心身が衰弱した状態)という言葉を知っていますか?(単一回答)

ファイザー株式会社:「介護の日 全国47都道府県“親子の介護予防ギャップ”意識調査」より)

その結果が次のグラフです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo_2
ファイザー株式会社:「介護の日 全国47都道府県“親子の介護予防ギャップ”意識調査」より)

なんと、親世代で 94.4%の人が、子世代で 94.0%の人が、「知らない」と答えています。
つまり、ほとんどの人が、「フレイル」という言葉を「知らない」ということですよね。

とっても残念です。

と、偉そうなことを言っている私にしても、このブログで取り上げていなかったら、知らなかった かもしれません。
ぜひ、この機会に覚えて下さいね。

なお、「フレイル」の詳細については、いろいろのサイトに出ていますが、私のオススメは、「NHKオンライン」の「解説アーカイブス」、「くらし☆解説」にある次の記事です。

高齢者は注意!"フレイル"ってなに?

ぜひ、ご一読下さい。

過去の記事より

フレイル


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 介護給付費等実態調査月報(平成28年10月審査分) | トップページ | 震災と高齢者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレイル②:

« 介護給付費等実態調査月報(平成28年10月審査分) | トップページ | 震災と高齢者 »