« 自立支援介護 | トップページ | 指キタエール »

2016年12月12日 (月)

街で認知症の人を見かけたら…

ある日、街で お年寄りが落ち着かず、一人で困っているようです。
どうも道に迷ってしまったような感じです。
ひょっとして認知症の方…

あなたは、街で認知症の人と思われる高齢者を見かけた際に、声をかけることはできますか。

オリックス・リビング株式会社:『第9回「介護に関する意識調査」』より)

その結果が次のグラフです。
Photo
オリックス・リビング株式会社:『第9回「介護に関する意識調査」』より作成)
「できる」と答えた人が 23.0%、「今はできな いが、知識があればできる」と答えた人が 44.6%、「できない」と答えた人が 32.4%、となっています。
この調査の限りでは、現状、街で認知症の人を見かけた時に、声をかけることができる人は、23.0%しか いらっしゃらないのですが、適切な知識を得ることができれば、67.6%まで増える、ということですね。

しかし、認知症の人に声をかけるための知識、どこで学んだら いいのでしょうか?

認知症サポーター養成講座というのがあるのですが、ご存知ですか?
主に地方自治体や地域の社会福祉協議会が主催する講座で、この講座を受講した人は認知症サポーターになることができます。
認知症サポーターになったからといって、特別なことをする必要はありません。
ですから、街で認知症の人を見かけた時に、声をかけるために必要な知識を得るためで良いのです。

とはいうものの

その様な講座はちょっとハードルが高いので…

と おっしゃる方も、いらっしゃるかもしれませんよね。

そこで、何か他に良いものは ないかと探してみました。
灯台下暗しでした。
前に このブログで紹介した、名古屋市瑞穂区の地域包括支援センター「瑞穂区東部・西部いきいき支援センター」が作った、『認知症「ひとり歩き」さぽーとBOOK』という小冊子に、こんな記述がありました。
Book ひとり歩きのある方への声のかけ方
  • 一定の距離をおき、まずは見守ること。
    何をどうしたいのか?どんな思いなのか?など、さりげなく見守りましょう。
  • 慌てて対応すると、こちらの心情が伝わってしまい、動揺させてしまいます。焦らずに落ち着いてゆっくりと対応しましょう。
  • 声をかける時は、「おはようございます」「こんにちは」という挨拶からはじめ、「どうされましたか?」「どちらへ行かれますか?」というように笑顔で声をかけましょう。
  • 後ろから声を掛けると、びっくりされて、不安や混乱からパニックになられることがあります。
    声をかける時は前にまわり、相手の視野に入ってから、穏やかに話しかけましょう。
    相手の目線の高さに合わせて、優しく短い言葉で笑顔で話しかけましょう。
瑞穂区東部・西部いきいき支援センター:『認知症「ひとり歩き」さぽーとBOOK』より)
これだけでも、ある程度の対処は できそうですよね。

その他にも、「認知症チェックリスト」という投稿を行った際に、認知症に関する小冊子を何種類か紹介しています。
あわせて、こちらも ご覧下さい。

過去の記事より

認知症「ひとり歩き」さぽーとBOOK


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 自立支援介護 | トップページ | 指キタエール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街で認知症の人を見かけたら…:

« 自立支援介護 | トップページ | 指キタエール »