« 介護保険利用者の自己負担増の影響 | トップページ | 特殊詐欺、前兆電話まとめ »

2017年2月 8日 (水)

リショーネPlus

少し前になりますが、「介護のニュースサイト Joint」に次の記事が掲載されました。

車いすになるベッド「リショーネPlus」、
家庭向けレンタル2月開始へ パナソニック

介護のニュースサイト Joint

1月20日にベッドの一部を車いすとして使える、「リショーネPlus」がパナソニックから発売されたことを伝える記事です。

このベッド、本当に凄いと思います。
YouTubeに動画が出ていましたので、ぜひ、ご覧下さい。

重度の要介護者をベッドから車椅子に移すことは本当に大変な作業です。
私の父が脳幹出血で最初に運ばれた病院で、二度 車椅子に乗せてもらったのですが、移乗の作業は大変でした。
二人がかりで、一人はベッドの上に乗って、という感じでしたから…
また、母が最後の入院で桜を見るために病室から離れた時は、ベッドから車椅子に移らず、ベッドごと病室を離れたと聞いています。

さらに、動画の中にもありますが、介護をする人が腰を痛めたり、転落する事故などを起こすことだってあります。
実際、消費者庁から公表される、「消費者安全法の重大事故等」でも、介護サービスに関連する事故として、ベッドから車椅子への移乗時の事故を見かけることもあります。

こうしたことが嫌われ、重度の要介護者が車椅子で病室を出られる機会は限られてきます。
しかし、この「リショーネPlus」を使えば、身体の状態が安定して限り、病室を出られる機会を増やすことは可能です。
病室を出る機会が増えることで、本人に「良くなろう」というモチベーションが生まれれば、要介護度が軽減する可能性だって出てくると思います。
それで、介護にかかる費用が抑えられるのであれば、素晴らしいですよね。

今月から家庭向けのレンタルも行われているようです。
検討する価値はあると思います。

パナソニックの関連サイトにリンクを張っておきますので、ぜひ一度ご覧下さい。

離床アシストロボット リショーネPlus


過去の記事より

昇降機能がある介護用ベッドの事故事例


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 介護保険利用者の自己負担増の影響 | トップページ | 特殊詐欺、前兆電話まとめ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リショーネPlus:

« 介護保険利用者の自己負担増の影響 | トップページ | 特殊詐欺、前兆電話まとめ »