« 明日から所得税確定申告の受付が始まりますが… | トップページ | おでかけキャッチ »

2017年2月16日 (木)

町工場の底力

昨日(2月15日)、中日新聞の医療・健康情報サイト、「つなごう医療 中日メディカルサイト」に次の記事が掲載されました。

多発するペダル踏み違い事故 予防装置 町工場が開発

つなごう医療 中日メディカルサイト

アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防止する装置に関しては、前に「オートバックスセブン」の「ペダルの見張り番」という商品を紹介したことがありますが、「つなごう医療 中日メディカルサイト」で取り上げているのは、町工場が開発した装置です。
それも、しくみの異なる2つの装置を取り上げています。

まず、三重県名張市にある三好製作所というところが開発した、「パニックレス・アクセルペダル」という装置です。
「アクセルペダルを一定以上踏み込むと、ペダルとアクセルのつなぎ目が外れ、エンジンがアイドリング状態になる仕組みつなごう医療 中日メディカルサイト多発するペダル踏み違い事故 予防装置 町工場が開発」より)」になっており、アクセルとブレーキを踏み間違えても、車が加速することはありません。
詳細は次のサイトでご確認下さい。

三好製作所

パニックレス・アクセルペダル

もう一つは、埼玉県川口市にあるナンキ工業というところが開発した、「STOPペダル」という装置です。
「アクセルとブレーキが一体化した形で、アクセルを強く踏み込むと自動的に解除されブレーキがかかるつなごう医療 中日メディカルサイト多発するペダル踏み違い事故 予防装置 町工場が開発」より)」しくみ になっています。
詳細は次のサイトでご確認下さい。

ナンキ工業

ナンキのSTOPペダル

どちらの装置も市販されていませんので、興味のある方は詳細を確認のうえ、それぞれの会社に直接問い合わせ、ということになります。
将来的には、大手メーカーの自動車に搭載されたり、カー用品店等で扱われるようになれば良いと思いますが…

今後、高齢ドライバーが増えることで、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が増える可能性は高いと思います。
なんといっても、平成23年から平成27年の間に起きたアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は、78.8%が65歳以上の高齢ドライバーによるものでしたから…
であれば、こうした装置を積極的に使い、少しでもアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が減るようにしなければいけないと思います。

過去の記事より

アクセルとブレーキの踏み間違いによる交通死亡事故


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 明日から所得税確定申告の受付が始まりますが… | トップページ | おでかけキャッチ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町工場の底力:

« 明日から所得税確定申告の受付が始まりますが… | トップページ | おでかけキャッチ »