« 平成27年度の相続人不存在と相続トラブル~裁判所データより~ | トップページ | 地域の力を強くするために… »

2017年3月13日 (月)

特殊詐欺に関する世論調査

オレオレ詐欺などの特殊詐欺…
相変らず、たくさん発生しているようですね。
そして、被害者の多くは高齢者です。

そんな状況があるからだと思いますが、今日(3月13日)、内閣府から、「特殊詐欺に関する世論調査」が公表されました。
この調査は、特殊詐欺に関する国民の意識を把握し、今後の施策の参考とすることを目的に行われました。

しかし、私、この内容を見て、「本当に、これで大丈夫なのだろうか?」と思ってしまいました。
実は、この調査の中で特殊詐欺に対する意識として、自分が被害に遭うかどうかを尋ねているのですが…

その結果が次のグラフです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo
内閣府:『特殊詐欺に関する世論調査』より)

調査対象者全体の8割を超える人が、「自分は被害にあわないと思う(39.6%)」または「どちらかといえば自分は被害にあわないと思う(41.1%)」と答えています。
この時点で、「本当に大丈夫なの?」と思ってしまうのですが…

しかし、年齢別のデータを見ると、さらに不安になってしまいます。
だって、年齢が高くなるほど、「自分は被害にあわないと思う」と答えている人の割合が増えていくんです。
そして、70歳以上では半数を超える人が、「自分は被害にあわないと思う」と答えているんですよ!
実際の被害にあっているのは、高齢者が多いというのに!!

では、なぜ被害に遭わないと思っているのでしょうか?
調査では、被害に遭わないと思う理由も尋ねています。

その結果が次のグラフです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo_2
内閣府:『特殊詐欺に関する世論調査』より)

一番多いのが、「知らない番号の電話には出なかったり,不審な電話はすぐ切るから(62.0%)」です。
次に多いのが、「だまされない自信があるから(家族の声やうそを見分けられる自信がある)(46.3%)」…
そして、「いつも誰かに相談するようにしているから(自分一人で判断しないから)(40.1%)」、「詐欺の手口を詳しく知っているから(31.7%)」と続きます。
一番目と三番目の答えは良いと思いますが、二番目と四番目の答えはちょっと不安になりますよね。

ところで、調査結果の「概要版」の方には、今の答えの二番目と三番目を年齢別に分析したデータが出ていました。
これを見ると、さらに不安になってくるのですが…

その内容が次の二つのグラフです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo_3
内閣府:『「特殊詐欺に関する世論調査」の概要』より)

なんと、60歳以上では半数を超える人が、「だまされない自信があるから」と答えています。
そして、60歳以上で、「いつも誰かに相談するようにしているから」と答えている人は3割を僅かに超える程度で、他の年齢層より低くなっています。

これでは高齢者の特殊詐欺被害は無くならない!

は、ちょっと言いすぎでしょうか?
しかし、そんな気持ちにさせる調査結果です。

最後に、若輩者から、先輩方に苦言です。
過信はいけません!
何でも自分ひとりで判断するのも良くありません。
とにかく謙虚に!
多くの人と支えあって生きていく…
そんな心がけが大切なのだと思います。

過去の記事より

特殊詐欺、前兆電話まとめ


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 平成27年度の相続人不存在と相続トラブル~裁判所データより~ | トップページ | 地域の力を強くするために… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特殊詐欺に関する世論調査:

« 平成27年度の相続人不存在と相続トラブル~裁判所データより~ | トップページ | 地域の力を強くするために… »