« 原野商法の二次被害に注意 | トップページ | 平成29年3月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »

2017年4月27日 (木)

乳和食

厚生労働省平成25年国民生活基礎調査によれば、介護が必要となった主な原因のトップは脳血管疾患となっています。
(表をクリックすると拡大します。)
Photo
厚生労働省平成25年 国民生活基礎調査の概況」より)

そして、脳血管疾患の原因の一つに上げられるのが高血圧です。

話は変わりますが、日本人にとって欠かせない食事が和食です。
和食は栄養のバランスが良いなど、海外からも注目されています。
しかし、和食に欠かせない米飯の おかずには、塩辛いものが多いため、塩分の摂取が過剰になりがちです。

そして、血圧の高い人が控えなければならないのが塩分…
ですから、血圧の高い人は、塩分を控えた食事になってしまいます。
塩分を控えた食事となると、今ひとつ満足できないのでは、などと考えてしまいます。

私自身血圧が高くなく、塩分を控えた食事が どのようなものか分からないため、こんな書き方をしています。
不適切な表現がありましたらお許し下さい。

そんな方にとって、朗報ともいえる情報を見つけました。
シルバー産業新聞社が運営する「Care-news.jp(ケアニュース)」に、一昨日(4月25日)付で掲載された次の記事です。

Jミルク 「乳和食」でおいしく減塩

Care-news.jp(ケアニュース)

酪農、乳業団体で構成されるJミルクが提案している、牛乳を使った「乳和食」について伝える記事です。

早速、記事で紹介されている「Jミルク乳和食ホームページ」を覗いてみました。
とても美味しそうな色々な和食の写真が掲載されたトップページから始まり、乳和食の定義、レシピ、導入・活用事例など盛り沢山です。

記事では、「施設向けにスチームコンベクションオーブンを活用した大量調理レシピ集を公開しているCare-news.jp(ケアニュース)Jミルク 「乳和食」でおいしく減塩」より)」とあったので、少人数向のレシピは出ていないのかと思いましたが、ちゃんと出ていました。
レシピだけでなく、作り方の動画も出ています。

塩分を控えなければいけない方、ご確認のうえ、参考にされては いかがでしょうか?

なお、「宝島社 TJ MOOK 血圧が下がる新習慣」でも、乳和食のレシピが出ています。

こちらも、ぜひ、ご確認下さい。

過去の記事より

食事の仕度は大変!


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 原野商法の二次被害に注意 | トップページ | 平成29年3月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳和食:

« 原野商法の二次被害に注意 | トップページ | 平成29年3月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »