« 少し前から感じていること | トップページ | 最近増えている架空請求に関する情報 »

2017年5月 2日 (火)

有毒植物による食中毒に関する注意喚起情報

昨日(5月1日)から、厚生労働省ツイッターアカウントが、次のツイートを しています。

有毒植物による食中毒に関する注意喚起情報です。
高齢者の方が、有毒植物を山菜などと間違えて食べ、亡くなる事故などが発生しているため、このようなツイートをしているのでしょう。
有毒植物による食中毒患者・死亡者数の推移(2006年から2015年)は、次のグラフの通りです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo
厚生労働省:「おじいちゃん、おばあちゃん、食べないで!それ、有毒植物ですよ!!」より)

食べられると思った植物が有毒植物で、食中毒になり、最悪の場合、命を落としてしまう などということ、絶対にあってはいけません。
とはいうものの、食べられる植物と有毒植物の明確な違いが分からなければ防げない、とも言えます。
そこで、厚生労働省では、冒頭のツイートの外に、食中毒の多い有害植物に関するツイートもしています。
これらのツイートで、食べられる植物と有毒植物の明確な違いを知っておきましょう。

※スイセンに関しては、こちらのサイトも ご覧下さい。

※バイケイソウに関しては、こちらのサイトも ご覧下さい。

※チョウセンアサガオに関しては、こちらのサイトも ご覧下さい。

また、次のリーフレットも公表しています。
おじいちゃん、おばあちゃん、食べないで!それ、有毒植物ですよ!!
_ __2
有毒植物に要注意
__3 __4

いずれにしても、リーフレットやツイートにある通り、「食用と判断できない植物は、採らない!食べない!売らない!人にあげない!」です。
くれぐれも、お気を付け下さい。

過去の記事より

明日は節分、豆・ナッツ類に御注意!


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 少し前から感じていること | トップページ | 最近増えている架空請求に関する情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131441/65223531

この記事へのトラックバック一覧です: 有毒植物による食中毒に関する注意喚起情報:

« 少し前から感じていること | トップページ | 最近増えている架空請求に関する情報 »