« UDF(ユニバーサルデザインフード)の日 | トップページ | 平成29年5月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »

2017年6月29日 (木)

6月19日~6月25日の熱中症による救急搬送人員数

一昨日(6月27日)の「医療介護CBnews」に、次の記事が掲載されました。

熱中症の救急搬送者数、前週の1.4倍に
消防庁まとめ

医療介護CBnews

6月19日から6月25日の間に、熱中症による救急搬送人員数が、その前の週の1.4倍だったそうです。
ちなみに、総務省消防庁から公表されたデータは次の通りです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
熱中症による救急搬送人員数(6月19日~6月25日)
H2906190625
熱中症による救急搬送人員数(6月12日~6月18日)
H2906120618
総務省消防庁:「熱中症情報」より)

6月11日から6月18日の 697人に対して、6月19日から6月25日は 946人…
1,000人を超えませんでしたが増えていますね。
そして、前の歳の同じ時期が 819人ですので こちらも増えています。

6月も中旬から下旬になり、気温が上がっていますので増えるのは仕方がないのかもしれませんが、出来ることなら増えない方が良いですよね。

このような状況を受けて、6月27日に総務省消防庁ツイッターアカウントから次のツイートがされました。

このツイートに書かれているように、喉が渇いていなくても、水分の補給を こまめにしましょう。
特に、高齢になると喉の渇きを感じにくくなり、それが熱中症に繋がるともいわれていますからね。

くれぐれも、お気をつけ下さい!

過去の記事より

6月5日~6月11日の熱中症による救急搬送人員数


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« UDF(ユニバーサルデザインフード)の日 | トップページ | 平成29年5月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月19日~6月25日の熱中症による救急搬送人員数:

« UDF(ユニバーサルデザインフード)の日 | トップページ | 平成29年5月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 »