« 郵便等投票 | トップページ | 命に関わる権利の主張 »

2017年6月15日 (木)

認知症と行方不明者~平成28年 行方不明者の統計 より~

今日(6月15日)付で、共同通信のサイトに次の記事が掲載されました。

認知症不明者1万5千人
4年連続増、警察庁集計

共同通信 47NEWS

警察庁が今日付で公表した、「平成28年における行方不明者の状況」の内容を伝える記事です。
この記事に、私は次のツイートをしました。

「右肩上がり」というのは、警察庁が公表した「平成28年における行方不明者の状況」の中にあった、次の表を見た感想です。
(表をクリックすると拡大します。)
H24h28_
警察庁:「平成28年における行方不明者の状況」より)

行方不明になった人の人数を「原因・動機別」にまとめた表なのですが、平成24年以降、ずっと増えているのは認知症の人だけです。
そして、平成28年の増え方は これまでに比べて大きくなっています。
今後、高齢化が進むにつれ、さらに増える可能性は高いと思います。
これまで様々な対策が打たれているのでしょうが、それを上回るような対策が必要な気がします。
簡単なことではないと思いますが…

さて、「平成28年における行方不明者の状況」の その他の内容を ご覧になりたい方…
警察庁」の関連サイトにリンクを張っておきます。
ぜひ、ご覧下さい。

平成28年における行方不明者の状況について

過去の記事より

認知症と行方不明者~平成27年 行方不明者の統計 より~


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 郵便等投票 | トップページ | 命に関わる権利の主張 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症と行方不明者~平成28年 行方不明者の統計 より~:

« 郵便等投票 | トップページ | 命に関わる権利の主張 »