« 命に関わる権利の主張 | トップページ | 医療費の費用対効果 »

2017年6月17日 (土)

6月5日~6月11日の熱中症による救急搬送人員数

6月14日付で、総務省消防庁ツイッターアカウントから次のツイートがされていました。
(本来であれば、もっと早くお伝えすべきでしたが、今日、気がつきました。申し訳ありません。)

6月5日~6月11日の熱中症による救急搬送人員数が、速報値で 596人ということですから、昨年の同じ時期よりは減っています。
(グラフをクリックすると拡大します。)
H2906050611
総務省消防庁:「熱中症による救急搬送人員数(6月5日~6月11日速報値)」より)

ただし、沖縄県では、昨年の21人から今年は49人と、2倍以上に増えています。
他の地域では本格的に暑くなるのが これからですから、今後、熱中症で救急搬送される人が大幅に増える可能性は十分にあります。

消防庁のツイートにある様に、水分の補給には十分に気を使って、熱中症にならないよう、くれぐれも お気をつけ下さい。

ところで、ツイートのリンク先では、消防庁の熱中症に関する注意喚起の様々なコンテンツが公開されています。
動画と注意喚起のメッセージにリンクを張っておきます。
ぜひ、一度、ご確認下さい。

動画① 動画② 予防広報メッセージ

過去の記事より

5月29日~6月4日の熱中症による救急搬送人員数


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 命に関わる権利の主張 | トップページ | 医療費の費用対効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131441/65424194

この記事へのトラックバック一覧です: 6月5日~6月11日の熱中症による救急搬送人員数:

« 命に関わる権利の主張 | トップページ | 医療費の費用対効果 »