« 介護給付費等実態調査月報(平成29年5月審査分) | トップページ | 高齢者の年齢定義③ »

2017年7月30日 (日)

墓じまいと離壇料

我が家の お墓のある霊園は、岐阜県可児市にあります。
私の自宅から、片道2時間程度かかりますので、お墓参りをする日は、ほぼ一日潰れてしまいます。

とはいうものの、私の場合、日帰りで お墓参りをすることができるので、まだ恵まれているのだと思います。
世の中には、日帰りでは お墓参りができない方が沢山いますからね。

遠方にある お墓でも、若い頃は定期的に行くことができるでしょう。
ても、歳を取ると足が遠のいてしまう方が いらっしゃるようですね。

そんな遠方にある お墓を今住んでいる所の近くに持ってこられれば便利なのに…

7月26日付で、国民生活センター見守り新鮮情報に次の情報が掲載されました。

「墓を引っ越しする」と言ったら、寺から高額な費用を要求された

国民生活センター

同時に、次のリーフレットも掲載されました。
(リーフレットの画像をクリックすると、pdfファイルがご覧になれます。)
286

墓じまいの際に、檀家になっていた お寺に払う離檀料に関する情報です。
離壇料を めぐっては、様々なトラブルが起きている様ですね。
事例では離壇料として 250万円請求されていますが、もっと高額な請求をされるケースもあるようです。
お寺としても、檀家の減少は そのお寺の存続に関わる問題ですので、高額な離壇料を請求することで、檀家に留まらせようとするケースもあるみたいですね。
とはいうものの、離壇料は契約書等で金額を定めていない限り、法的には明確な根拠はありません。
したがって、金額に納得できない場合は、リーフレットにある様に、お寺との交渉ということになります。
ただ、交渉といっても、それまで お世話になった お寺との交渉となると…

そこで、ちょっと調べてみたのですが、朝日新聞出版の運営する情報サイト「AERA dot.」で次の記事を見つけました。

上手な「墓じまい」 法外な離檀料を払わない方法

朝日新聞出版AERA dot. 」)

結局、その道の専門家に任せる、ということなのですが、これは これで合理的なのかな、と思ったりします。
お寺との交渉に自信が無いのであれば、この方法が良いのかもしれません。

なお、墓じまいに際しては、離壇料以外にも様々な費用が必要になります。
全国優良石材店の会のサイトに、次の情報が出ていました。
墓じまいを検討中の方は参考にして下さい。

墓じまいの費用について

全国優良石材店の会」)

過去の記事より

祖父の命日②


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 介護給付費等実態調査月報(平成29年5月審査分) | トップページ | 高齢者の年齢定義③ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墓じまいと離壇料:

« 介護給付費等実態調査月報(平成29年5月審査分) | トップページ | 高齢者の年齢定義③ »