« 介護度改善応援保険 | トップページ | 高齢者の交通事故~交通事故統計(平成29年7月末)より~ »

2017年8月22日 (火)

平成29年7月の熱中症による救急搬送状況

昨日(8月21日)、総務省消防庁から「平成 29 年7月の熱中症による救急搬送状況」が公表されました。
これによれば、今年7月の熱中症による救急搬送人員数は 26,702人で、昨年7月の 18,671人と比べて 8,031人多くなっているとのこと…

平成23年~29年の熱中症による救急搬送人員数及び死亡者数は次の表の通りです。
(表をクリックすると拡大します。)
29
総務省消防庁:「平成 29 年7月の熱中症による救急搬送状況」より)

7月の熱中症による救急搬送人員数は、昨年7月より多いというだけでなく、平成23年以降で一番多くなっていますね。
(この表にはありませんが、集計を始めた平成20年以降最多だったようです。

熱中症搬送2万6702人 7月最多、死者は31人

産経ニュース

ところで、先週(8月14日~8月20日)の熱中症による救急搬送人員数は、どうだったのでしょうか?
総務省消防庁から、今日(8月22日)公表された、都道府県別及び前年同時期との比較をしたデータは次の通りです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
熱中症による救急搬送人員数(8月14日~8月20日)
H2908140820
総務省消防庁:「熱中症情報」より)

先々週の救急搬送人員数が 4,298人でしたから 1,602人減っています。
そして、驚いてしまうのは、前の年の同じ時期との比較…
2,666人減ですから、ほぼ半減です。
このところ、夏らしい日差しの日が あまりないですからね。

とはいうものの、このまま あっさりと暑い季節が終わってしまう訳ではないようですよ。
気象庁8月19日から9月18日までの天候の見通しによれば、平均気温は、北日本や東日本では、「平年並か高い見込み」となっていますし、西日本や沖縄・奄美では、「高い見込み」となっています。
(表をクリックすると拡大します。)
1918
気象庁:「向こう1か月の天候の見通し(8月19日~9月18日)」より)

まだまだ暑い日が続く、ということですね。

であれば…

ということですね。

過去の記事より

熱中症にならないための…


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 介護度改善応援保険 | トップページ | 高齢者の交通事故~交通事故統計(平成29年7月末)より~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年7月の熱中症による救急搬送状況:

« 介護度改善応援保険 | トップページ | 高齢者の交通事故~交通事故統計(平成29年7月末)より~ »