« 避難行動要支援者名簿 | トップページ | 平成29年7月の熱中症による救急搬送状況 »

2017年8月21日 (月)

介護度改善応援保険

今日(8月21日)、シルバー産業新聞社が運営する「Care-news.jp(ケアニュース)」に、次の記事が掲載されました。

SOMPOケア 介護度改善で祝金 国内初の保険

Care-news.jp(ケアニュース)

SOMPOホールディングスが、今秋から販売する新しい保険に関する記事です。
記事によれば…

SOMPOケアグループ(東京都品川区)は、要介護度が改善した際に祝い金を支払う国内初の専用保険「介護度改善応援保険 明日へのちから」を秋に発売する。

アイアル少額短期保険(東京都中央区)との共同開発で、対象は自社グループの入居者・利用者だが、グループ外への提供範囲拡大も検討する。

保険料は年間数千円程度からで、期間は1年。介護度が改善した場合、年に2回を上限に保険料の5倍程度を支払う。

Care-news.jp(ケアニュース):「SOMPOケア 介護度改善で祝金 国内初の保険」より)

とこのとです。
当面は、SOMPOケアグループの施設の入居者及び利用者だけしか、この保険を利用することが出来ないようです。
将来的には、SOMPOケアグループの施設の入居者及び利用者以外の人でも、この保険を利用することが出来るようになりそうですが…

年間数千円の保険料に対して、保険料の5倍程度の祝い金(保険金)が貰えるということですが、果たしてメリットがあるかどうか…

要介護度が改善することで祝い金(保険金)が貰えますが、反面、公的介護保険の支給限度額が少なくなります。
その辺り、単純に金銭的な面だけを考えると、ちょっと微妙な感じがしますね。

ただ、要介護度の改善は金銭的な面だけでは語れないメリットがあるでしょうから、単純に金銭的な面だけで良し悪しを判断するのは どうかと思いますけど…

ちなみに、平成27年度の要介護度の改善(軽度化)及び悪化(重度化)のデータは、次のグラフの通りです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo
厚生労働省:「平成27年度 介護給付費等実態調査の概況」より)

この保険が普及することで、要介護度の改善(軽度化)及び悪化(重度化)の割合が逆転するくらいの影響が出ると良いですよね。

過去の記事より

要介護度の軽度化


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 避難行動要支援者名簿 | トップページ | 平成29年7月の熱中症による救急搬送状況 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護度改善応援保険:

« 避難行動要支援者名簿 | トップページ | 平成29年7月の熱中症による救急搬送状況 »