« 緊急性判断…受け入れられますか? | トップページ | 高齢者の身の回りの環境の見直し »

2017年9月20日 (水)

高齢者の交通事故~交通事故統計(平成29年8月末)より~

9月15日付で警察庁から、「交通事故統計(平成29年8月末)」が公表されています。

平成29年8月末の年齢層別の交通事故による死者数の割合は、次のグラフの通りです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
29
警察庁:「交通事故統計(平成29年8月末)」より)

65歳以上の交通事故による死亡者数の割合が53.4%となり、7月の54.1%より 0.7ポイント減少しました。

下の表は 65歳以上の高齢者の交通事故による死亡者数を 65~69歳・70~74歳・75歳以上の3つの年齢層に分け、さらに、事故が起こった時の状態別に分けたもので、平成19~29年の毎年8月末の推移をまとめたものです。
(表をクリックすると拡大します。)
Photo
警察庁:「交通事故統計(平成29年8月末)」より)

平成28年8月末に比べると、65歳以上の高齢者全体で、交通事故による死亡者数が90人減っています。
年齢層ごとでは、65~69歳が33人減、70~74歳が12人減、75歳以上が45人減となっており、75歳以上の減少が一番大きくなっています。

ただ、7月と比べると、65~69歳が27人減から33人減、70~74歳は3人減から12人減、と減少幅が大きくなっているのに対して、75歳以上では45人減で減少幅が変わっていません。

75歳以上の7月と8月の増減を状態別に分けてみると…

状  態 7 月 8 月 増 減
自 動 車 △18 △14 4
自動二輪 3 6 3
原  付 △10 △8 2
自 転 車 1 3 2
歩 行 中 △17 △29 △12
そ の 他 △4 △3 1
合  計 △45 △45 0

となり、歩行中の死亡事故の減少幅は大きくなっているものの、その他の減少幅は小さくなっていたり、増加しています。
特に、「自動車乗車中」、「自動二輪車乗車中」、「原付乗車中」に関しては、「運転免許証の返上」とも関連してきそうですから、今後の動向を注視していく必要がありそうですね。

その他、「交通事故統計(平成29年8月末)」に興味のある方…
関連サイトにリンクを張っておきますので、一度ご覧下さい。

警察庁

安全・快適な交通の確保に関する統計等

交通事故統計(平成29年8月末)

過去の記事より

高齢者の交通事故~交通事故統計(平成29年7月末)より~


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 緊急性判断…受け入れられますか? | トップページ | 高齢者の身の回りの環境の見直し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の交通事故~交通事故統計(平成29年8月末)より~:

« 緊急性判断…受け入れられますか? | トップページ | 高齢者の身の回りの環境の見直し »