« 平成29年7月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 | トップページ | 平成29年7月の特殊詐欺被害状況 »

2017年9月 1日 (金)

介護給付費等実態調査月報(平成29年6月審査分)

昨日(8月31日)、厚生労働省より、「介護給付費等実態調査月報(平成29年6月審査分)」が公表されました。

今月も介護給付費等実態調査のデータの 65歳以上の要支援・要介護者の増加状況と、65歳以上の人口の増加状況を比べてみました。

下の表が その結果です。
H2906
厚生労働省介護給付費等実態調査」及び総務省統計局人口推計」より作成)
(端数処理の関係で、データに一部 不自然なところがあります。ご了承ください。)

今月から、「要支援」・「要介護」ごとに小計を出すことにしました。
「要支援」の受給者の増減率のマイナスが大きすぎるからです。

6月は要介護1と2の受給者数で5月の増加率を下回りましたが、要介護3~5の受給者数で5月の増加率をに上回りました。
重度の要介護の受給者が増えているということは、介護保険の財政面だけを考えれば、良くないことですよね。


さて、その他の介護給付費等実態調査の詳細を ご覧になりたい方…
厚生労働省の関連サイトにリンクを張っておきますので ご覧ください。

介護給付費等実態調査

介護給付費等実態調査月報(平成29年6月審査分)

過去の記事より

介護給付費等実態調査月報(平成29年5月審査分)


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 平成29年7月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 | トップページ | 平成29年7月の特殊詐欺被害状況 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護給付費等実態調査月報(平成29年6月審査分):

« 平成29年7月分労働力調査より「高齢者の就労状況」 | トップページ | 平成29年7月の特殊詐欺被害状況 »