« 緊急度判定 | トップページ | 緊急度判定時の自己判定ツールの認知度 »

2017年9月12日 (火)

油断禁物

今日(9月12日)の「医療介護CBnews」に、次の記事が掲載されました。

熱中症の救急搬送者、ピーク時の10分の1に
消防庁が速報値公表

医療介護CBnews

先週(9月4日~9月10日)の熱中症による救急搬送人員数に関する記事です。
先週の熱中症による救急搬送人員数は、773人でした。
さすがに9月になって少なくなりましたね。
都道府県ごとの詳細な人数は、次のグラフの通りです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
熱中症による救急搬送人員数(9月4日~9月10日)
H2909040910
総務省消防庁:「熱中症情報」より)

昨年の同じ時期の救急搬送人員数が 1,698人ですから、半数を下回っていますね。
今年は昨年に比べて涼しい、ということなのでしょうか?
(秋の訪れが早い?)

とはいうものの、油断は禁物です。
日本気象協会が運営している、「熱中症ゼロへ」のツイッターアカウントから、今日(9月12日)、次のツイートが…

9月になったからといって、熱中症の患者が いなくなる訳ではありません。
そして、こんなツイートも…

明日の「熱中症患者数予測」で、患者数が「かなり多い」予測が出ている都道府県が いくつかあります。
くれぐれも、お気をつけ下さいね。

過去の記事より

8月28日~9月3日の熱中症による救急搬送人員数


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 緊急度判定 | トップページ | 緊急度判定時の自己判定ツールの認知度 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 油断禁物:

« 緊急度判定 | トップページ | 緊急度判定時の自己判定ツールの認知度 »