« 地域包括支援センター | トップページ | 平成29年度介護事業経営実態調査 »

2017年10月28日 (土)

介護給付費等実態調査月報(平成29年8月審査分)

昨日(10月27日)、厚生労働省より、「介護給付費等実態調査月報(平成29年8月審査分)」が公表されました。

今月も介護給付費等実態調査のデータの 65歳以上の要支援・要介護者の増加状況と、65歳以上の人口の増加状況を比べてみました。

下の表が その結果です。
H2908
厚生労働省介護給付費等実態調査」及び総務省統計局人口推計」より作成)
(端数処理の関係で、データに一部 不自然なところがあります。ご了承ください。)

要介護の増減率の7月と8月の比較は次の通りです。
認定者 受給者
7月 8月 7月 8月
要介護1 3.48% 3.39% 3.97% 4.17%
要介護2 2.24% 2.12% 2.41% 2.67%
要介護3 2.99% 2.88% 2.89% 3.20%
要介護4 3.12% 3.07% 2.96% 3.14%
要介護5 0.11% -0.11% 0.25% 0.17%
要介護全体 2.57% 2.46% 2.71% 2.91%

8月は認定者の増加率が7月を下回っていますが、受給者は要介護5を除き7月を上回っています。
介護保険の財政面的には悪い傾向ですね。

もっとも、この問題は1ヶ月毎の認定者や受給者の増減だけで、良い傾向・悪い傾向の判断すべきことではありませんよね。
長期的に増加傾向にあるのか、減少傾向にあるのかで判断すべきことでしょう。

そして、長期的に増加傾向にあるのであれば、いかにして増加傾向を抑えるかが重要なのだと思います。

増加傾向を抑えるために必要なことは、「予防」だと思うのですが、介護保険制度の中で必ずしも重要視されていないような感じがするのは気のせいでしょうか?

さて、その他の介護給付費等実態調査の詳細を ご覧になりたい方…
厚生労働省の関連サイトにリンクを張っておきますので ご覧ください。

介護給付費等実態調査

介護給付費等実態調査月報(平成29年8月審査分)

過去の記事より

介護給付費等実態調査月報(平成29年7月審査分)


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 地域包括支援センター | トップページ | 平成29年度介護事業経営実態調査 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護給付費等実態調査月報(平成29年8月審査分):

« 地域包括支援センター | トップページ | 平成29年度介護事業経営実態調査 »