« 被保護者調査(平成29年8月分概数)より | トップページ | 平成29年9月の特殊詐欺被害状況 »

2017年11月 5日 (日)

平成29年 「60歳以上の消費者トラブル 110番」実施結果

8月28日の「60歳以上の消費者トラブル110番③」という投稿で紹介しました、「60歳以上の消費者トラブル110番」の結果について、10月31日付で国民生活センターから公表されましたので、お伝えします。

「60 歳以上の消費者トラブル 110 番」実施結果

国民生活センター

「60歳以上の消費者トラブル110番」は、昨年同様国民生活センターの消費生活相談に占める60歳以上の相談の割合が増えていること、相談内容が大きく変化していることなどを受けて、9月14日と15日に行われました。

実施概要及び集計結果は次の通り…

名称:

アクティブシニアのトラブル増加!60 歳以上の消費者トラブル 110 番

実施日:

平成 29 年 9 月 14 日(木)、15 日(金)
(受付時間は 10:00~16:00)

場所:

国民生活センター相談情報部
(特設の電話回線を設置して実施)

対象:

60 歳以上の消費者トラブル
(家族や周囲の方からの相談も受付)

国民生活センター:『「60 歳以上の消費者トラブル 110 番」実施結果』より)

2日間で 88件(苦情 84件、問い合わせ 3件、要望 1件)の相談がありました。

相談のあった主な商品・サービスは次の通りです。
_h29
※1「商品一般」:架空請求や商品を特定できない相談
※2「アクセサリー(全般)」:種類が不明のものや複数のアクセサリーが取引されている相談
※3「紳士・婦人洋服(全般)」:衣服の種類を特定できない相談
国民生活センター:『「60 歳以上の消費者トラブル 110 番」実施結果』より)

昨年とは、ずいぶん傾向が変わっていますね。
昨年、一番多かったのは、「アダルトサイト」に関する相談、次が「役務その他サービス(パソコンサポート等)」に関する相談でした。

今年は、「不用品の買い取り」に関連して、「指輪」・「アクセサリー(全般)」・「ネックレス」のような貴金属に関する相談が多かったのだと思います。

契約購入金額の内訳は次のグラフの通りです。
_h29_2
国民生活センター:『「60 歳以上の消費者トラブル 110 番」実施結果』より)

こちらは、昨年同様、一番多いのが10万円未満となっていますね。
ただ、昨年と違うのは、契約購入金額の平均が約 477万円から約 73万円に減少していること…
あくまで相談のあったものに関してですから、実際の金額が減っているかどうかは分かりませんけどね。


なお、『「60 歳以上の消費者トラブル 110 番」実施結果』には、さらに詳細な分析、事例、消費者へのアドバイスが出ています。

この機会に、是非、ご一読下さい。
そして、消費者トラブルには くれぐれも お気をつけ下さい。

過去の記事より

60歳以上の消費者トラブル110番③


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

|

« 被保護者調査(平成29年8月分概数)より | トップページ | 平成29年9月の特殊詐欺被害状況 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年 「60歳以上の消費者トラブル 110番」実施結果:

« 被保護者調査(平成29年8月分概数)より | トップページ | 平成29年9月の特殊詐欺被害状況 »