« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の10件の記事

2018年1月31日 (水)

介護給付費等実態調査月報(平成29年11月審査分)

1月26日に厚生労働省より、「介護給付費等実態調査月報(平成29年11月審査分)」が公表されています。

今月も介護給付費等実態調査のデータの 65歳以上の要支援・要介護者の増加状況と、65歳以上の人口の増加状況を比べてみました。

下の表が その結果です。
H2911
厚生労働省介護給付費等実態調査」及び総務省統計局人口推計」より作成)
(端数処理の関係で、データに一部 不自然なところがあります。ご了承ください。)

要介護の増減率の9月10月・11月の比較は次の通りです。
認定者 受給者
9月 10月 11月 9月 10月 11月
要介護1 3.57% 3.63% 3.64% 4.16% 4.11% 4.05%
要介護2 2.23% 2.25% 2.33% 2.50% 2.55% 2.45%
要介護3 2.84% 2.82% 2.90% 2.85% 2.81% 2.65%
要介護4 3.15% 3.16% 3.14% 3.06% 3.05% 3.02%
要介護5 -0.07% -0.03% 0.00% 0.25% 0.09% -0.15%
要介護全体 2.55% 1.98% 2.61% 2.80% 2.77% 2.66%

11月の認定者の増加率は、要介護4を除いて10月を上回っています。
受給者は、すべての要介護度で10月を下回っています。

受給者の増加率が小さくなっていることは良い傾向に思えますが、個人的には認定者の増加率が大きくなっていることの方が気になります。

さて、その他の介護給付費等実態調査の詳細を ご覧になりたい方…
厚生労働省の関連サイトにリンクを張っておきますので ご覧ください。

介護給付費等実態調査

介護給付費等実態調査月報(平成29年11月審査分)

過去の記事より

介護給付費等実態調査月報(平成29年10月審査分)


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

平成29年高齢者の交通事故死亡者数

1月4日に警察庁より「平成29年中の交通事故死者数について」が公表されています。
毎月 取り上げている、「交通事故統計」とは異なりますが、紹介させていただきます。

これによれば、平成29年中の交通事故死亡者数は 3,694人、そのうち 65歳以上の高齢者は 2,020人でした。
平成28年中の交通事故死亡者数が 3,904人、65歳以上の高齢者は 2,138人でしたので、ともに減っています。

下のグラフは、平成19年から平成29年までの「交通事故死亡者数の推移」を表したものです。
赤色の線が全年齢死者数の推移、緑色の線が 65歳以上の高齢者の死者数の推移となっています。
(グラフをクリックすると拡大します。)
65
警察庁:「平成29年中の交通事故死者数について」より)

このグラフを見る限り、全年齢死者数は、平成19年に比べて 36.3%減っているのに対し、65歳以上の高齢者の死者数は、平成19年に比べて 26.5%しか減っていない、ということになります。

ただし、平成18年と平成28年を比べた減少率と、平成19年と平成29年を比べた減少率を比較すると、全年齢死者数の死者数の減少率が小さくなっているのに対して、65歳以上の高齢者の死者数の減少率が大きくなっています。
減少率の比較 平成18年と28年 平成19年と29年
全年齢死者数 39.1% 36.3%
高齢者の死者数 24.7% 26.5%

また、日本の人口構成は、65歳以上の高齢者は増えているのに対して、全年齢の人口は減っていますから、その辺りを考慮する必要があります。

そこで、人口構成の変化を考慮したデータが、次の「人口10万人当たり死亡者数の推移」です。
なお、線の色は、先ほどと同様、赤色の線が全年齢死者数の推移、緑色の線が 65歳以上の高齢者の死者数の推移となっています。
(グラフをクリックすると拡大します。)
1065
警察庁:「平成29年中の交通事故死者数について」より)

このグラフでは、先ほどの「交通事故死亡者数の推移」を表したグラフの内容とは、逆の結果になっています。
人口10万人当たりの65歳以上の高齢者の死者数は、平成19年の 10.33 人から 5.84 人まで減っています。
減少率は 43.5%。
これに対して、人口10万人当たりの全年齢死者数は、平成19年の 4.54 人から 2.91人となっています。
減少率は 35.9%。
65歳以上の高齢者の死者数の減少率の方が高いのです。

こうしたデータを見る限り、65歳以上の高齢者の交通事故対策は着実に進んでいるような気がします。

しかし、65歳以上の高齢者の交通事故死亡者数は、他の年齢に比べれば多いのは事実です。
今後、さらに65歳以上の高齢者の交通事故対策が必要であることは言うまでもありません。

過去の記事より

高齢者の交通事故~交通事故統計(平成29年11月末)より~


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

それ、フレイルかも?

日本介護支援専門員協会のサイトで公表されているフレイルに関するリーフレット…
とても分かりやすい内容ですので紹介させていただきます。
(リーフレットの画像をクリックすると、リーフレットのpdfファイルを ご覧になれます。)
Photo

フレイルとはリーフレットに書かれている通り、要介護状態の前の状態です。
つまり、フレイルにならなければ、要介護状態にならないで済む可能性が高まります。
通常、次の5つの項目のうち3つ以上ある場合はフレイルとされますが…

  1. 体重減少 1年間で4~5kgの体重減少
  2. 疲れやすくなった
  3. 歩行速度の低下
  4. 筋力(握力)の低下
  5. 身体活動性の低下

リーフレットの裏面には、さらに詳細なチェックリストが出ています。
このチェックリストを利用して、いまの自分の状態を確認しましょう。
そして、一日でも長く介護が必要な状態に ならないようにしましょうね!

過去の記事より

フレイル②


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

被保護者調査(平成29年10月分概数)より

1月10日付で、厚生労働省より平成29年10月分の生活保護の被保護者調査(概数)が公表されました。

10月の被保護実人員は、9月に比べ 486人減って、2,125,317人でした。
被保護世帯は、9月に比べ 634世帯増えて、1,642,907世帯でした。
(表をクリックすると拡大します。)
H2910

今年に入ってからの「世帯類型別現に保護を受けた世帯数」の推移は次の通りです。
(表をクリックすると拡大します。)
H2910_2

今年に入ってからの「扶助の種類別扶助人員」の推移は次の通り…
(表をクリックすると拡大します。)
2910

10月の「介護扶助」を受けた人員の増加人員は、6月以降、最も多くなっています。
今後も、この様な傾向が続くのでしょうか?
注視が必要だと思います。

65歳以上の人口の増加状況と高齢者被保護世帯の増加状況の比較は次の通りです。
(表をクリックすると拡大します。)
H2910_3

平成28年10月から平成29年10月の65歳以上の人口の増加率は1.50%でした。
そして、この間の高齢者被保護世帯の増加率は3.46%です。
相変らず、高齢者被保護世帯の増加率が、人口の増加率を上回っている状況が続いていますが、変動率は9月の3.52%より 0.01ポイント低くなっています。
このところ、変動率が低くなる傾向が続いています。

その他、被保護者調査に興味のある方…
厚生労働省の関連サイトにリンクを張っておきます。
ぜひ一度ご覧ください。

被保護者調査(平成29年10月分概数)

過去の記事より

被保護者調査(平成29年9月分概数)より


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

総合消費料金に関する訴訟最終告知

1月16日付で、国民生活センター見守り新鮮情報に、次の情報が掲載されました。

相談急増 ハガキによる架空請求

国民生活センター

同時に次のリーフレットも公表されました。
(リーフレットの画像をクリックすると、pdfファイルをご覧いただけます。)
299

ハガキを利用した特殊詐欺に関する注意喚起情報です。
では、どんな内容のハガキが送られてくるのか?
ちょっと調べてみたところ、北名古屋市のサイト、「【注意喚起】「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という葉書にご注意ください」に実際に送られてきたハガキのpdfファイルがありましたので紹介します。
(画像をクリックすると、pdfファイルをご覧いただけます。)
Photo

また、法務省のサイトにも別のパターンのハガキのサンプルが掲載されていました。

法務省の名称等を不正に使用した架空請求により被害が発生しています

法務省

このハガキの文章、個人的には とても不自然な内容だと思うのですが、「訴訟」だとか、「差し押さえ」だとか、「法務省」などという言葉が並ぶと、国民生活センターのリーフレットの事例に書かれているように、怖くなって ついつい連絡をしてしまう方が いらっしゃるのでしょうね。

しかし、国民生活センターのリーフレット等に書かれているように、絶対に連絡してはいけません。
どうしても不安であれば、一人で判断せずに必ず信頼できる人に相談して下さい。

ちょっとしたことの積み重ねで、特殊詐欺の被害は防ぐことが出来るのですから…
くれぐれも、お気をつけ下さいね。

過去の記事より

平成29年11月の特殊詐欺被害状況


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

サイバーダイン社の新製品

1月11日付の「介護のニュースサイト Joint」に、次の記事が掲載されました。

サイバーダイン、新デバイスを今春発売
声が出なくても脳信号で意思伝達が可能

介護のニュースサイト Joint

不覚にも私は この記事を今日 見つけ、次のツイートをしました。

このブログを前から ご覧いただいている方はご存知の通り、私の父は脳幹出血の影響による全身麻痺のため、身体を動かすことも声を出すことも出来ませんでした。
ただ、意識があったのは間違いなく、私や母などが話しかけると表情を変えるなどの反応がありました。
場合によっては、下の動画のように指を動かすことも…

ですから、父の脳から信号が出ていたのは間違いなく、今回、サイバーダイン社が開発した製品があれば、父と私や母などが何らかのコミュニケーションを取ることが できた可能性が高い、ということになります。

既に父が亡くなってから8年半になりますので、こんな「たら」「れば」の話をしても仕方がないのですが、父と同じ症状の方にとっては朗報です。
できれば現物を確認し、さらに詳細な情報を お伝えしたいのですが、そのような機会に恵まれるか どうか…

とりあえず、この様な素晴らしい製品が出来上がったことを お伝えしたいと思います。

過去の記事より

「HAL®」の新製品


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

平成29年11月の特殊詐欺被害状況

警察庁のサイトで、平成29年1月から11月までの「月別特殊詐欺被害状況」が公表されていましたので、お伝えします。
(グラフをクリックすると拡大します。)
【 平成29年の月別特殊詐欺被害状況 】
被害額は切り上げ標記しており、平成29年の数値は暫定値です。
数値右の( )内は前年同時期比を示しています。
平成
29年
単月 累月
認知件数
【件】
被害額
【億円】
認知件数
【件】
被害額
【億円】
1月 904 (+169) 21.5 (-2.9)
2月 1,406 (+260) 27.6 (-3.1) 2,310 (+429) 49.1 (-6.0)
3月 1,674 (+436) 34.7 (-3.6) 3,984 (+865) 83.8 (-9.6)
4月 1,685 (+528) 33.2 (-1.5) 5,669 (+1,393) 117.0 (-11.1)
5月 1,494 (+509) 33.5 (-3.7) 7,163 (+1,902) 150.6 (-14.9)
6月 1,700 (+519) 36.3 (-1.8) 8,863 (+2,421) 186.8 (-13.1)
7月 1,462 (+260) 33.1 (-2.3) 10,325(+2,681) 219.9 (-15.4)
8月 1,328 (+169) 28.1 (-2.1) 11,653 (+2,850) 248.0 (-17.5)
9月 1,519 (+230) 32.4 (-0.4) 13,172 (+3,080) 280.4 (-17.9)
10月 1,557 (+260) 32.2 (-4.3) 14,729 (+3,340) 312.6(-22.2)
11月 1,660 (+369) 30.4 (-3.9) 16,389 (+3,709) 343.1(-26.1)

【平成29年の手口別被害状況】
( 前年対比 )
特殊詐欺の手口別の被害状況をグラフで掲載しています。
平成29年の数値は暫定値です。
H2911__
H2911___2
※ 「その他の特殊詐欺」とは、オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺、金融商品取引名目の特殊詐欺、ギャンブル必勝情報提供名目の特殊詐欺、異性との交際あっせん名目の特殊詐欺に該当しない特殊詐欺をいう。
警察庁:「振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の被害状況」より)

認知件数が増え、被害額が減少する傾向が続いており、10月で平成28年の認知件数を上回っていますが、このペースでいくと年間の認知件数が 18,000件を超える可能性も…
平成29年の認知件数の増え方は、すでに平成16年以降で一番大きくなっています。
由々しき事態ですね。
くれぐれも、お気をつけ下さい。

ところで、話は変わりますが、内閣府政府広報オンラインが、高齢者の特殊詐欺被害防止を啓蒙する目的で作っている特集があり過去に紹介したことがありますが、今日は その最新版を紹介させていただきます。

昨年から公開されていますので、既にご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の特集のタイトルは、「家族の約束が、家族を守る。」です。
ANZEN漫才の みやぞん さん と あらぽん さん が出演されている動画を中心に、様々なコンテンツが掲載されています。

動画は12月19日の時点で100万回再生されているとのこと…

高齢者の特殊詐欺被害を防ぐ、「家族の約束」とは どんなものか?
この動画は、特殊詐欺の被害が一人ひとりのチョットした行動で防ぐことが出来る、ということを教えてくれます。
政府広報オンラインのツイートにもある通り、約5分の動画ですので、まだ ご覧になっていない方は、ぜひ一度ご覧下さい。
参考になると思いますよ。

過去の記事より

平成29年10月の特殊詐欺被害状況


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

2017年1-12月「老人福祉・介護事業」の倒産状況

2017年の「老人福祉・介護事業」の倒産件数が前年を上回りました。
1月5日付で東京商工リサーチのサイトに次の記事が掲載されたのですが…

東京商工リサーチ

これによれば…

業種別では、最多が「老人福祉・介護事業」の111件(前年比2.7%増、前年108件)で、介護保険法が施行された2000年以降で最多件数になった。

東京商工リサーチ
【2017年(1-12月)】「医療,福祉事業」の倒産状況 (2017年12月29日現在)」より)


とのこと…
倒産の原因について記事では…

安易な起業や本業不振のため異業種からの参入など、事前準備や事業計画が甘い小・零細規模の業者が思惑通りに業績を上げられず経営に行き詰まったケースが多いとみられる。

東京商工リサーチ
【2017年(1-12月)】「医療,福祉事業」の倒産状況 (2017年12月29日現在)」より)

としています。
ただ、記事には、「人手不足を補うための人件費上昇が収益悪化につながり、収益確保が難しいことが透けて見える。東京商工リサーチ:「【2017年(1-12月)】「医療,福祉事業」の倒産状況 (2017年12月29日現在)」より)」との記述もあり、深刻な人手不足や前回の介護報酬のマイナス改定の影響も、少なからずあるものと思われます。

それでは、こうした傾向は今後も続くのでしょうか?
ポイントとなるのが、今年 行われる介護報酬の改定です。
1月1日の投稿の際にも書きましたが、政府の方針では介護報酬全体ではプラスになるものの、マイナスの項目もあるとのこと…
詳細はこれから決まるようですので、内容によっては倒産する事業所が今後も増える可能性はあるといえるでしょう。

さらに、人手不足の解消策として、こちらも1月1日の投稿の際に書きましたが、政府の方針では、来年10月に介護福祉士の賃金を平均8万円上げるようです。
しかし、そんな悠長なことをしていて良いのか…
また、平均8万円の賃金の引上げで人手不足を解消することができるのか…
正直なところ、難しいと思うのですが…

どちらにしても、介護が必要になる人は、今後も増えていくのは間違いありません。
そうした人に十分な介護サービスを提供するためにも、介護事業所の倒産が増えるのは決して好ましい状況ではありません。
何としてでも解決しておかないと、日本の介護には明るい未来がない、と思ってしまいます。
そんなことにならないように、政府には適切な対応をしていただきたいと思います。

過去の記事より

2017年1-8月「老人福祉・介護事業」の倒産状況


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

平成29年11月分労働力調査より「高齢者の就労状況」

12月26日に総務省統計局より、「労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)11月分」が公表されました。
65歳以上の人口及び役員を除く雇用者の平成28年11月と平成29年11月を比べた変動状況は次の通りです。
(表をクリックすると拡大します。)
201711_65__

11月は正規雇用者・非正規雇用者ともに、前年対比増加率で女性が2ケタの伸びになりました。
特に正規雇用者の伸びが大きくなっています。

以下、10月と11月の65歳以上役員を除く雇用者および正規雇用者・非正規雇用者の人数の比較です。
10月 11月
65歳以上
役員を除く雇用者
総数 437 439
237 241
200 199

正規 総数 112 113
69 68
43 45
非正規 総数 325 326
168 172
157 154

正規雇用者では、男性が少し減少で女性が増え、非正規雇用者では、男性が増え女性が減少しています。
月単位の比較では正規雇用者・非正規雇用者ともに増減がありますが、年単位の比較になると増加しているということなのでしょう。
結局、昨年の大晦日に書いたように、「動ける高齢者」、すなわち「働ける高齢者」は重要な役割を果たしつつある、ということなのだと思います。
今後も、高齢者の就労状況等については注視していきたいと考えています。

なお、「労働力調査」の詳細については、以下のリンクで確認できます。
興味のある方は、ぜひ、ご覧下さい。

労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)11月分

過去の記事より

平成29年10月分労働力調査より「高齢者の就労状況」


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

平成30年を迎えて

明けましておめでとうございます。

平成30年を迎えたわけですが…
今年は日本の「介護」を取り巻く環境にとって、重要な影響を及ぼしそうな一年になるような気がします。

例えば、昨年5月に成立した、「改正介護保険法」が施行されることにより、富裕層の介護保険対象の介護サービス利用時の自己負担割合が3割に引上げられます。

介護保険の自己負担が3割になるのはどんな人?
全体の約3%が該当

安心介護

また、この改正に伴い、要介護者の要介護度を改善した自治体や事業者に対してインセンティブが支払われる制度が始まります。

自治体の介護保険担当者の良心やいかに?

終の棲家はリハビリ地獄となるのか?

さらに、今年は介護報酬の改定が行われます。
前回 行われた介護報酬の改定は、マイナス改定であったため、介護事業者の経営に少なからぬ影響を及ぼしました。
二回連続のマイナス改定を防ぐため、昨年は介護業界全体で署名活動を行うなどしてきましたが、政府の方針では介護報酬全体ではプラスになるものの、マイナスの項目もあるようです。
果たして詳細はどうなるのか?

介護報酬にメリハリ 0.5%の引き下げも断行へ
トータルで+0.54% 政府方針

介護のニュースサイト Joint

そして、職業として「介護」に従事する人が、慢性的に不足しているのも深刻な問題です。
現政権は、この問題を解消すべく、来年10月に介護福祉士の賃金を平均8万円上げるようですが、この動きが今年どんな効果を生むのか?

新政策パッケージ閣議決定
介護福祉士の8万円賃上げ、2019年10月実施へ

介護のニュースサイト Joint

この様に、今年予定されていることなどを ざっと並べてみただけで、日本の「介護」を取り巻く環境にとって、重要な影響を及ぼしそうなものばかりですよね。
さらに、高齢者を取り巻く環境も色々な変化がありそうです。

こうした様々な情報をタイムリーにお届けできるよう、今年も頑張りたいと思います。
「FP-Yoshikawaの介護日記」を宜しくお願い致します。

ファイナンシャルプランナー 吉 川 幸 男


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »