2018年2月14日 (水)

やわらか亭 牛丼

昨年行われたUDFプレゼントキャンペーンに私が当選し、多くの商品が送られてきたことを このブログで書きました。
そしてその時に、「少しずつ食べて感想を このブログで紹介していければと考えています。」とも書きました。
あれから少しばかり時間が経ってしまいましたが、送られてきた商品で実際に食べたものについて感想を書きたいと思います。

今回、実際に食べたのは、「森永乳業グループ クリニコ」の「やわらか亭 牛丼」です。

「歯ぐきでつぶせる」商品ということなのですが、果たしてどんな感じなのか…

下の写真の通り、牛丼の具の入ったレトルトのパックと ご飯の入った容器が入っていました。
__01

牛丼の具のレトルトのパックの中身を ご飯にかけ…
__02

電子レンジで加熱します。
加熱時間は、500Wの電子レンジで1分10秒…
我が家の電子レンジは10秒単位で加熱できないので、1分30秒過熱しました。
__03

出来上がりは写真の通りです。
__04

加熱時間が やや長かったので、熱くなり過ぎるのではないかと心配しましたが、決して熱くありませんでした。
個人的にはもう少し温かくても良いような感じでした。
ただ加熱中、「パンパン」音がしていましたので、これ以上、加熱してはいけないのかもしれません。

味に関してですが、若干、甘めだと感じました。
個人的には、もう少し辛くても良いのかなと思いました。

「歯ぐきでつぶせる」商品ということですが、ご飯に関しては、ほとんど噛む事なく、舌でつぶして飲み込むことが出来ました。
牛丼の具も細かくなっていましたので、こちらも噛む事なく飲み込むことが出来るのでしょう。
私は まだ歯があるので、ついつい噛んでしまいましたけど…

量に関してですが、個人的には やや少ないかなぁ、と感じました。
ただ、高齢の方にとっては ちょうど良いのかもしれません。

なお、この商品は、「栄養機能食品」になっています。
__05

高齢の方が、不足しがちな栄養素の一つである「亜鉛」を摂取することが出来ます。

この商品に興味のある方…
アマゾンの該当ページにリンクを張っておきます。
ぜひ一度お試し下さい。

過去の記事より

UDFプレゼントキャンペーン②


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

大人用紙おむつの評価に関する国際規格

昨日(7月6日)、経済産業省のサイトに次の情報が掲載されました。

大人用紙おむつの評価に関する国際規格が発行されました
~日本式の排泄介護の考え方を世界に発信~

経済産業省

大人用紙おむつの評価に関する国際規格「ISO15621尿吸収用具―評価に関する一般的指針」が改定されたことを伝える情報なのですが、今回の国際規格の改定には日本からの提案が反映されているとのこと…

日本の大人用紙おむつは種類が豊富で機能も優れているのですが、従来の国際規格では、これを適切に評価する基準がありませんでした。
日本と欧州の「おむつの交換」に対する考え方の違いが根底にあるようです。
経済産業省のサイトに掲載された情報によれば…

排泄に限らず、介護はその国・地域毎の文化や生活習慣と切り離すことができません。たとえば日本では、夜間においてもこまめに交換するという考えのもと、おむつと補助パットを併用し、パット部分だけを取り替えることを前提におむつ及びパットの仕様・性能を決めています。

一方、欧州では夜間のおむつ交換は原則しないという考え方が主流であるため、既存の国際規格では、複数回の排尿を吸収・保持できる性能評価のみを規定しており、日本で普及している補助パットの評価方法が規定されていませんでした。

経済産業省:「大人用紙おむつの評価に関する国際規格が発行されました」より)

夜間にオムツ交換をしてもらえない欧州スタイル、どう思います。
私は個人的に嫌です。
介護される側のことを考えれば、日本スタイルが絶対に優れていると思います。
欧州スタイルは、介護する側の都合優先で、介護される側を人間扱いしていない、とも感じます。
(ちょっと言いすぎかな…)

では、今回の改正の内容は?
経済産業省のサイトに掲載された情報には、改正の主なポイントとして…
  1. おむつのタイプ(テープ止めタイプ/パンツタイプ)の区分を明確に記載
  2. おむつと組み合わせて使用する補助パッドを新たに規定
  3. 補助パッドの吸収力に関する評価方法を新たに規定
経済産業省:「大人用紙おむつの評価に関する国際規格が発行されました」より)

としています。

ちなみに、おむつのタイプ等は次の通り…

_

経済産業省:「大人用紙おむつの評価に関する国際規格が発行されました」より)

今回の改定が、短期的に国内に及ぼす影響は ほとんど無いでしょう。
ただ、長期的に考えた場合、様々な影響を及ぼす可能性はあると思います。
そして、その影響が日本人が受ける介護に対して、良いものになることを願っています。

過去の記事より

転倒時の衝撃緩和

「ガクッと老ける」時…


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

スマイルケア食のマーク利用許諾企業及び商品の更新情報

4月14日付で、農林水産省のサイトで「スマイルケア食」のマーク利用許諾企業及び商品の情報が更新されました。

青マーク利用許諾企業及び商品の情報が更新されています。
以下の情報が追加されました。(表をクリックすると拡大します。)

20170414_
農林水産省:「青マーク利用許諾企業及び商品」より抜粋)

追加された会社のサイトにリンクを張っておきます。
ぜひ、ご確認下さい。

株式会社 丸金


なお、スマイルケア食の詳細については、こちらで ご確認下さい。
また、その他詳細は、こちらで ご覧ください。

過去の記事より

スマイルケア食の許諾状況


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

運転免許証の返納を お考えの方に

運転免許証の返納を お考えの方に、また、勧めている ご家族の方に、シニアカーの購入割引キャンペーンの情報です。
昨日(4月6日)、私がした次のツイートをご覧下さい。

千葉県柏市にある「株式会社ACPJ」という会社が、運転免許証を返納した人に限り、同社の取り扱うシニアカー「クエスト」の購入2万円割引キャンペーンを4月に開始するとのこと…

このシニアカー、なかなかユニークです。
何がユニークか…
私の稚拙な説明よりも、YouTubeに商品の紹介動画がありましたので、そちらを ご覧下さい。

折り畳みが可能で、しまうのに場所をとらない…
自動車のトランクにも納まるというのは、なかなかユニークだと思います。

運転免許証を返納することで、普段の生活の「足」が無くなってしまうことが不安な方、購入を検討する価値はありそうですよ。

なお、商品の詳細については、「株式会社ACPJ」のサイト、「クエスト」のページでご確認下さい。

最近、自動車を運転していて、「ヒヤリ」「ハット」した経験のある方は、絶対に検討して下さいね。

過去の記事より

電動歩行器


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

スマイルケア食の許諾状況

最近、農林水産省がすすめている、スマイルケア食(新しい介護食品)の許諾を受けた企業及び商品が、相次いで公表されていますのでお伝えします。

スマイルケア食の詳細は以下の通り…
(スライドをクリックすると拡大します。)
__4
農林水産省:「スマイルケア食の取組について」より)

スマイルケア食には、青マーク・黄マーク・赤マークの識別マークがありますが、それぞれのマークの意味は次の通りとなっています。

  • 青マーク:噛むこと・飲み込むことに問題はないものの、健康維持上栄養補給を必要とする方向けの食品
  • 黄マーク:噛むことに問題がある方向けの食品
  • 赤マーク:飲み込むことに問題がある方向けの食品
そして、現在のスマイルケア食のマーク利用許諾企業及び商品は次の表の通りです。
(表をクリックするとをpdfファイルご覧いただけます。)
スマイルケア食「青」マーク利用許諾企業・商品
20170310_
農林水産省:「スマイルケア食「青」マーク利用許諾企業・商品」より)

20170321_
農林水産省:「スマイルケア食「赤」マーク利用許諾企業・商品」より)

20170327_
農林水産省:「スマイルケア食「黄」マーク利用許諾企業・商品」より)

これまでは、青マークの許諾ばかりだったのですが、3月14日に赤マークが、3月24日に黄マークが許諾され3色揃いました。
今後、さらにマーク利用許諾企業及び商品が増えると思います。
このブログでは、情報が入り次第、お伝えしていこうと考えています。

過去の記事より

スマイルケア食


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

デジタル透明文字盤

私の父は、平成13年1月7日に脳幹出血を発症し、8年半の闘病の末、平成21年7月19日に亡くなりました。
この間、脳幹出血による全身麻痺のため、身体を動かすことは ほとんど出来ず、一言も話すことは出来ませんでした。

ですから、父の闘病中、コミュニケーションを交わすことは、ほとんど出来ませんでした。
何とかコミュニケーションをとろうと、色々と試してみたのですが、結局、上手くいきませんでした。

このような場合、下の写真のような透明の文字盤を使い、コミュニケーションをとる場合があります。

使い方ですが…

  1. 意思を受け取る側(通常は介助者等)は、透明文字盤を お互いに見やすいようにする。
  2. 意思を伝える側(通常は要介護者等)は、透明文字盤の伝えたい文字などを見つめる。
  3. 意思を受け取る側は、意思を伝える側と視線が合うように透明文字盤を動かす。
  4. 意思を受け取る側は、意思を伝える側と視線が合ったら 視線の間にある文字などを読上げる。
  5. 意思を伝える側は、意思を受け取る側の読上げた文字などが正しければOKの合図をし、違っていれば合図をせずに伝えたい文字などを見つめ続ける。

という感じです。
正直な話、意思を受け取る側が熟練していないと、上手く意思が伝わらないような気がします。
それに、意思を伝える側も、この方法に慣れるまで、相当の時間が かかるような気がします。
そもそも、意思を伝える側が、この方法に慣れるための訓練をするのに、熟練した意思を受け取る側が いないといけないのではないかと…
私の個人的な考えでは、結構ハードルが高いと思います。

ところが、世の中、どんどん進歩しているんですね。
東京都三鷹市にある、株式会社オリィ研究所という会社が、デジタル透明文字盤『OriHime eye』というものを開発しています。
パソコンに意思を受け取る側の役割を してもらう、透明文字盤です。

YouTubeに、デジタル透明文字盤『OriHime eye』に関する動画が出ていました。
私の稚拙な説明より、動画を見ていただいた方が分かりやすいと思いますので、ぜひ、ご覧下さい。

これならば、熟練した意思を受け取る側が必要ありませんし、意思を伝える側が一人で、この方法に慣れるための訓練をすることが出来ます。

父が生きている頃に、このような技術が開発されていれば、上手くコミュニケーションを取ることができたのに、などと思ってしまいました。

父と同じような症状をお持ちの方、ぜひ、参考にして下さい。

過去の記事より

15年という歳月…


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

おでかけキャッチ

シルバー産業新聞社が運営する「Care-news.jp(ケアニュース)」に、今日(2月17日)付で次の記事が掲載されました。

フランスベッド 見守り機器に保険付帯

Care-news.jp(ケアニュース)

フランスベッドがレンタルしている、「認知症外出通報システム」の利用者に対して、個人賠償責任保険が付帯される、とのこと…
では、対象となる「認知症外出通報システム」とは、どのようなものなのか…
フランスベッドのサイトで調べてみましたが、なかなかスグレモノです。

下の写真が、そのシステムです。

おでかけキャッチ」という名称なのですが、従来の外出通報システムとは大きな違いがあります。
従来の外出通報システムでは、外出したことを外出通報システムに感知させる送信機等を認知症の人に持たせる必要がありました。
ところが、このようなシステムの場合、認知症の人が送信機等を持たずに外出してしまったら、外出通報システムは作動しません。

では、「おでかけキャッチ」は どのようになっているのか…
外出したことを外出通報システムに感知させる送信機等にあたる「認証キー」を介護者が持ちます。
認知症の人は何も持ちません。
つまり、「認証キー」を持っていない人が、「おでかけキャッチ」の前を通過した時に外出通報システムは作動する様になっているのです。

YouTubeに説明の動画が出ていました。
動画の方が私の稚拙な説明より、このシステムの素晴らしさが分かると思います。
ぜひ、一度ご覧下さい。

動画の冒頭に、「逆転の発想から誕生!」とありましたが、本当にその通りですね。
そして、素晴らしいシステムだと思います。
認知症の人がいらっしゃるのであれば、検討の価値は十分にあるでしょうね。
ぜひ、ご検討を!!

過去の記事より

認知症患者と損害賠償⑦


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

リショーネPlus

少し前になりますが、「介護のニュースサイト Joint」に次の記事が掲載されました。

車いすになるベッド「リショーネPlus」、
家庭向けレンタル2月開始へ パナソニック

介護のニュースサイト Joint

1月20日にベッドの一部を車いすとして使える、「リショーネPlus」がパナソニックから発売されたことを伝える記事です。

このベッド、本当に凄いと思います。
YouTubeに動画が出ていましたので、ぜひ、ご覧下さい。

重度の要介護者をベッドから車椅子に移すことは本当に大変な作業です。
私の父が脳幹出血で最初に運ばれた病院で、二度 車椅子に乗せてもらったのですが、移乗の作業は大変でした。
二人がかりで、一人はベッドの上に乗って、という感じでしたから…
また、母が最後の入院で桜を見るために病室から離れた時は、ベッドから車椅子に移らず、ベッドごと病室を離れたと聞いています。

さらに、動画の中にもありますが、介護をする人が腰を痛めたり、転落する事故などを起こすことだってあります。
実際、消費者庁から公表される、「消費者安全法の重大事故等」でも、介護サービスに関連する事故として、ベッドから車椅子への移乗時の事故を見かけることもあります。

こうしたことが嫌われ、重度の要介護者が車椅子で病室を出られる機会は限られてきます。
しかし、この「リショーネPlus」を使えば、身体の状態が安定して限り、病室を出られる機会を増やすことは可能です。
病室を出る機会が増えることで、本人に「良くなろう」というモチベーションが生まれれば、要介護度が軽減する可能性だって出てくると思います。
それで、介護にかかる費用が抑えられるのであれば、素晴らしいですよね。

今月から家庭向けのレンタルも行われているようです。
検討する価値はあると思います。

パナソニックの関連サイトにリンクを張っておきますので、ぜひ一度ご覧下さい。

離床アシストロボット リショーネPlus


過去の記事より

昇降機能がある介護用ベッドの事故事例


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

バスボード

寒い冬…
お風呂は、湯船にゆっくりと浸かりたいですね。
しかし、歳をとると筋力の低下などが原因で、浴槽をまたぐことが難しくなる場合があります。
私の母もリウマチの影響で、「浴槽を またぐのが難しくなった」、と言っていた記憶があります。
そんな人のために、バスボートという商品があるのですが…
(恥ずかしながら、最近 知りました。)

入浴を補助する「バスボード」の利用方法と選び方

安心介護

今日は、そんなバスボートでも、従来の商品と一味違ったものを紹介したいと思います。
東京都港区にあるアロン化成株式会社という会社の、衛生・介護用品のブランド「安寿」で販売している、「バスボード はねあげくん」という商品です。
下の写真がその商品です。
従来のバスボートは、板状になっているため、バスボートを設置したままでは、浴槽で座位などの姿勢をとることが難しく、バスボートを外す必要がありました。
バスボード はねあげくん」は、中央部を「はねあげ」られるため、バスボートを外す必要がありません。
また、「キノコ型グリップ」を2つ取り付けることで、浴槽を安全に またぐことが出来ます。

You Tubeに商品説明の動画が出ていました。
わたしの稚拙な説明より、動画の方が、この商品の良さが分かると思います。
ぜひ、ご覧下さい。

このような商品を使うことで、安心して お風呂に浸かることができそうですね。
でも、入浴時の体調の変化には、くれぐれも お気をつけ下さい。

過去の記事より

高齢者の入浴中の事故に御注意ください!

突然、高さが変わると…


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

COGY(コギー)

昨日(11月26日)の投稿の最後の方で紹介した車椅子について、もう少し詳しく紹介したいと思います。
この車椅子は、仙台市の株式会社TESSという会社が販売している車椅子で、COGY(コギー)という名称です。

あなたが乗る車いすが、
あなたの足を動かすきっかけになれないか。
そんな思いから、ペダル付き車いす
「コギー」は生まれました。

COGY(コギー)販売サイトより)
とのこと…

車椅子にペダルがついており、それを動かすことによって車椅子が動く、という しくみになっています。
詳しくは下の動画を ご覧下さい。
(この動画、2分半足らずの動画ですが、ちょっと感動しますよ!)

動画の中で初めてCOGY(コギー)を使った方、動かすのに少し苦労をされるのですが、動き出すと、とても楽しそうですよね。

YouTube」には、この動画のほかに、こんな動画もありました。

こちらの動画では、株式会社TESSの社長 鈴木堅之氏の この車椅子に対する思いや、実際に使っていらっしゃる方の感想や効果などを ご覧いただけます。

2つの動画を見て、足の筋肉や関節に良い影響を及ぼしそうですし、何より自分の力で車椅子を動かせるということで、前向きな気持ちになれるのは、とても大きなことだと思いました。

また、ペダルに足を乗せて、後ろから他者に押してもらうだけでも、足が動くようですから、自分で足を動かすことの動機付けになるのではないかと思います。

なお、株式会社TESSは、今年、このCOGY(コギー)に関連して、色々な賞を受賞されてたようです。

BCC NEWSにて 「COGY」が最も美しい自転車トップ10」に選ばれました!!

弊社製品 「COGY」がGOOD DESIGN AWARD 2016 金賞 受賞

「チームオブ・ザ・イヤー2016」優秀賞を受賞しました。

「株式会社TESS」ブログより

どちらにしても、とてもユニークで良い商品だと感じました。
機会があれば、ぜひ、一度見てみたい、触れてみたいと思っています。

過去の記事より

明らかに、違った反応が…


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)