2018年4月30日 (月)

母の命日に…

今日は母の命日です。
例によって、位牌を仏壇に移して、いつもより長めのお経を上げました。
20180430

ただし、今日はお墓参りは無しです。

このブログの更新が、2月14日を最後に全く滞っている状態から、お察しいただけるかもしれませんが、ずっと忙しい状態が続いています。
というか、生活のペースを掴めない状態が続いている、と言った方が正しいでしょう。
要するに、トホホの状態が続いているということです。

全くもって情けない…

今のところ、このブログを閉鎖するつもりはありません。
ですから、生活のペースを取り戻す迄、しばらくの間、お待ちいただければ幸いです。

よろしく お願い申し上げます。


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

サイバーダイン社の新製品

1月11日付の「介護のニュースサイト Joint」に、次の記事が掲載されました。

サイバーダイン、新デバイスを今春発売
声が出なくても脳信号で意思伝達が可能

介護のニュースサイト Joint

不覚にも私は この記事を今日 見つけ、次のツイートをしました。

このブログを前から ご覧いただいている方はご存知の通り、私の父は脳幹出血の影響による全身麻痺のため、身体を動かすことも声を出すことも出来ませんでした。
ただ、意識があったのは間違いなく、私や母などが話しかけると表情を変えるなどの反応がありました。
場合によっては、下の動画のように指を動かすことも…

ですから、父の脳から信号が出ていたのは間違いなく、今回、サイバーダイン社が開発した製品があれば、父と私や母などが何らかのコミュニケーションを取ることが できた可能性が高い、ということになります。

既に父が亡くなってから8年半になりますので、こんな「たら」「れば」の話をしても仕方がないのですが、父と同じ症状の方にとっては朗報です。
できれば現物を確認し、さらに詳細な情報を お伝えしたいのですが、そのような機会に恵まれるか どうか…

とりあえず、この様な素晴らしい製品が出来上がったことを お伝えしたいと思います。

過去の記事より

「HAL®」の新製品


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

2017年1-12月「老人福祉・介護事業」の倒産状況

2017年の「老人福祉・介護事業」の倒産件数が前年を上回りました。
1月5日付で東京商工リサーチのサイトに次の記事が掲載されたのですが…

東京商工リサーチ

これによれば…

業種別では、最多が「老人福祉・介護事業」の111件(前年比2.7%増、前年108件)で、介護保険法が施行された2000年以降で最多件数になった。

東京商工リサーチ
【2017年(1-12月)】「医療,福祉事業」の倒産状況 (2017年12月29日現在)」より)


とのこと…
倒産の原因について記事では…

安易な起業や本業不振のため異業種からの参入など、事前準備や事業計画が甘い小・零細規模の業者が思惑通りに業績を上げられず経営に行き詰まったケースが多いとみられる。

東京商工リサーチ
【2017年(1-12月)】「医療,福祉事業」の倒産状況 (2017年12月29日現在)」より)

としています。
ただ、記事には、「人手不足を補うための人件費上昇が収益悪化につながり、収益確保が難しいことが透けて見える。東京商工リサーチ:「【2017年(1-12月)】「医療,福祉事業」の倒産状況 (2017年12月29日現在)」より)」との記述もあり、深刻な人手不足や前回の介護報酬のマイナス改定の影響も、少なからずあるものと思われます。

それでは、こうした傾向は今後も続くのでしょうか?
ポイントとなるのが、今年 行われる介護報酬の改定です。
1月1日の投稿の際にも書きましたが、政府の方針では介護報酬全体ではプラスになるものの、マイナスの項目もあるとのこと…
詳細はこれから決まるようですので、内容によっては倒産する事業所が今後も増える可能性はあるといえるでしょう。

さらに、人手不足の解消策として、こちらも1月1日の投稿の際に書きましたが、政府の方針では、来年10月に介護福祉士の賃金を平均8万円上げるようです。
しかし、そんな悠長なことをしていて良いのか…
また、平均8万円の賃金の引上げで人手不足を解消することができるのか…
正直なところ、難しいと思うのですが…

どちらにしても、介護が必要になる人は、今後も増えていくのは間違いありません。
そうした人に十分な介護サービスを提供するためにも、介護事業所の倒産が増えるのは決して好ましい状況ではありません。
何としてでも解決しておかないと、日本の介護には明るい未来がない、と思ってしまいます。
そんなことにならないように、政府には適切な対応をしていただきたいと思います。

過去の記事より

2017年1-8月「老人福祉・介護事業」の倒産状況


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

平成30年を迎えて

明けましておめでとうございます。

平成30年を迎えたわけですが…
今年は日本の「介護」を取り巻く環境にとって、重要な影響を及ぼしそうな一年になるような気がします。

例えば、昨年5月に成立した、「改正介護保険法」が施行されることにより、富裕層の介護保険対象の介護サービス利用時の自己負担割合が3割に引上げられます。

介護保険の自己負担が3割になるのはどんな人?
全体の約3%が該当

安心介護

また、この改正に伴い、要介護者の要介護度を改善した自治体や事業者に対してインセンティブが支払われる制度が始まります。

自治体の介護保険担当者の良心やいかに?

終の棲家はリハビリ地獄となるのか?

さらに、今年は介護報酬の改定が行われます。
前回 行われた介護報酬の改定は、マイナス改定であったため、介護事業者の経営に少なからぬ影響を及ぼしました。
二回連続のマイナス改定を防ぐため、昨年は介護業界全体で署名活動を行うなどしてきましたが、政府の方針では介護報酬全体ではプラスになるものの、マイナスの項目もあるようです。
果たして詳細はどうなるのか?

介護報酬にメリハリ 0.5%の引き下げも断行へ
トータルで+0.54% 政府方針

介護のニュースサイト Joint

そして、職業として「介護」に従事する人が、慢性的に不足しているのも深刻な問題です。
現政権は、この問題を解消すべく、来年10月に介護福祉士の賃金を平均8万円上げるようですが、この動きが今年どんな効果を生むのか?

新政策パッケージ閣議決定
介護福祉士の8万円賃上げ、2019年10月実施へ

介護のニュースサイト Joint

この様に、今年予定されていることなどを ざっと並べてみただけで、日本の「介護」を取り巻く環境にとって、重要な影響を及ぼしそうなものばかりですよね。
さらに、高齢者を取り巻く環境も色々な変化がありそうです。

こうした様々な情報をタイムリーにお届けできるよう、今年も頑張りたいと思います。
「FP-Yoshikawaの介護日記」を宜しくお願い致します。

ファイナンシャルプランナー 吉 川 幸 男


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

平成29年の最後に…

色々なことがあった平成29年も今日で終わります。
このブログも、10月から私が時間を取り辛くなったことで、投稿のペースを週3回程度に落とし何とか存続させてきました。
また10月迄のように、「毎日投稿」に戻したいと思っていますが、いつのことになるやら…

さて、今年の初めの投稿で、次のことを書いたのですが、おぼえていらっしゃいますか?
Hospice1793998_640
無料の写真 - Pixabay:フリー素材使用)

新年のご挨拶に当たり、一枚の写真を掲載させていただきました。
この写真の意味するところは…

若い人が、働けなくなったお年寄りの手を握り、一生懸命支える…
そんな優しい社会になって欲しいですよね!
働けるお年寄りには頑張っていただく…
そのためには、若い人は謙虚にならなければいけません。
当然、お年寄りの側も謙虚になる…
お互いに譲り合って優しい世の中を作る…
そんな考え方が大切なのだと思います。

ともすれば、社会保障や価値観の違いをめぐって、高齢者と若い人の間に世代間闘争が起きかねない今の日本…
そんなことにならない様、お互いに譲り合って優しい世の中が出来ればなぁ、という思いを込めて、こんなことを書きました。

さて、平成29年の最後にあたって、「働けるお年寄りには頑張っていただく…」という部分について少しだけ書いて見たいと思います。

12月2日…
私、こんなツイートをしました。

リンク先の記事は既に削除されているので、記事の詳細を確認することはできないのですが、記事の見出しにある通り、70代の男性が酔っ払ってホームに転落した人を助けたという記事です。

そして、この記事を読んで私が感じたことが、ツイートの後半部分…
ツイートの最後に書いた通り、はなはだ不適切ではありますが、これからの日本にとって「動ける高齢者」、すなわち「働ける高齢者」は重要な役割を果たすと改めて感じました。

実際、私の周りにも若い人以上に頑張っている高齢者の方が沢山いらっしゃいます。

職業としての仕事を頑張っていらっしゃる方…
地域活動を頑張っていらっしゃる方…

色々な方がいらっしゃいますが、皆さんに共通して言えること…
それは、実際の年齢よりずっと若く見えることです。
人間、動けるうちは動かないと、衰えるのが早いですからね。
私も、これから年齢を重ねていくにあたって、あんな先輩方を見習いたい と思っています。

ということで、平成29年の投稿を締めくくりたいと思います。
どうか皆様、良いお年をお迎え下さい!
そして、来年も「FP-Yoshikawaの介護日記」を宜しく お願い致します。

ファイナンシャルプランナー 吉 川 幸 男


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

平成29年、今年 最後のお墓参り

今日は、今年最後のお墓参りに行きました。
いつもは自動車で行くのですが、今日は電車で…
霊園に行くまでの途中の道が、年末年始の集中工事を行っており混雑する、という情報を得たからです。
2017123000_2

さらに、Yahoo!Japanの路線情報で調べてみると、自宅からお墓のある霊園まで行く時間が、自動車で行くより電車で行った方が、若干短そうな感じです。

ということで、自宅の名鉄電車の最寄り駅から霊園に向けて出発です。
2017123001

まずは、名鉄津島線に乗って名古屋方面に向かいます。
そして、名鉄犬山線に乗り換えるのですが…
Yahoo!Japanの路線情報で調べたところ、栄生駅で乗換えとなっていたのですが、若干時間があり、栄生駅の吹曝しの駅で乗り換え電車を待つより、名鉄名古屋駅で待った方が良いか、と思い名鉄名古屋駅へ…

すると、当初 予定していた電車と違う新鵜沼行の特急電車に乗ることができました。
ちょっと乗り換えにバタバタしましたけど、それだけ早く目的地につくことが出来ます。
2017123002

新鵜沼行の電車で犬山まで行き、そこから先は名鉄広見線の新可児行に乗換え、お墓のある霊園の最寄駅の西可児に向かいます。
2017123003

西可児には、当初予定していたより、15分ほど早く着くことができました。
2017123004

西可児に着いてから、とりあえず帰りの電車の時間の確認…
2017123005

時刻表を見ると、9時から17時まで23分と53分に中部国際空港行の電車があります。
ということは、名鉄名古屋駅まで乗換え無しで行けるということになります。
また、栄生駅にも止まりますので、自宅最寄り駅に向かう名鉄津島線の乗換えには、都合の良い方の駅を選ぶことができます。

帰りの電車の時間を確認したあと、西可児駅の近くのスーパーで お供えの花を買いました。
2017123006

お供えの花ですが、正月用ということで、いつもより やや高めでした。
(ちなみに、自宅に戻ってから夕食の買い物に自宅近くのスーパーへ行ったのですが、そこで売っていた お供え用の花も同じくらいの値段でした。)

お供えの花を買ってから、お墓のある霊園までは歩きです。
2017123007

西可児の駅から お墓のある霊園までは、歩いて15分程度でした。
自宅を出てから2時間かかりませんでした。
やはり、自動車で行くより若干早い感じですね。
2017123008

ところで、今日はお墓参りで霊園を訪れる人が多く、いつもガラガラの駐車場は、ほぼ満車でした。
2017123009

さて、お墓参りにくるのは父の命日の7月19日以来です。
お墓の周りは、さぞかし悲惨な状況になっていると思いきや…
2017123010

写真の通り、ほとんど草も生えていませんでした。
いつも思うのですが、この霊園の管理を されている方には、本当に感謝です。

とは言うものの、少しは草が生えていましたので、それを抜き、墓石を拭きました。
そして、買ってきた花をお供えして、お参りです。
2017123011

今日は風が強く、例によってロウソクに火をつけることはできませんでしたが、線香の火はターボライターのおかげで、比較的簡単に点けることができました。

さて、今日の お墓参りは こんな感じだったのですが、今日は次の2つの収穫を得ることができました。

電車を使うことで自動車行くより、早く霊園に行けそうなこと…
西可児駅近くのスーパーが、朝7時より営業していること…

です。

この2つの事から、今まで一日かけていた お墓参りが半日で済む可能性が…
次回からは色々と検討して、楽で効率的な方法の お墓参りをしたいと思います。

過去の記事より

平成28年、今年 最後のお墓参り


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

リハビリ地獄

12月10日の投稿で、今年5月に成立した改正介護保険法が施行されると、要介護者の要介護度を改善させた自治体に対して、インセンティブが支給されるということを書きました。

今回の投稿は、その続きです。
実はこのインセンティブ、要介護者の要介護度を改善させた介護事業者に対しても支払われるんです。

介護事業者には、要介護度の判定を厳しくすることが出来ないから、要介護度を改善させることは良いことなのでは?

確かに、要介護度の改善させることは良いことかもしれませんが、問題は要介護度の改善を要介護者本人が望んでいるかです。
12月9日付の「NEWSポストセブン」に、こんな記事が…

介護保険改正 自立支援強化の名目で終の棲家が地獄に

NEWSポストセブン

記事には、介護雑誌『あいらいふ』の編集長・佐藤恒伯さんの次のコメントが出ています。

体の状態が改善すればインセンティブがもらえるわけですから、利用者の意思や希望を置き去りにしたまま、リハビリを過度に奨励する流れが出てきかねない。私が介護士をしていた頃に、90歳の男性に『もうリハビリなんかしたくないんだよ』と言われたことがあります。辛い思いをして少し元気になったところでQOL(生活の質)はさほど変わらない。『そっとしておいて』という人をリハビリに駆り出すのは、一種の虐待だと指摘する専門家もいるくらいです

NEWSポストセブン:「介護保険改正 自立支援強化の名目で終の棲家が地獄に」より)

確かに、要介護者本人が要介護度の改善を望んでいなければ、要介護度を改善するためのリハビリ等は、苦痛以外の何ものでもないでしょうね。
記事に出ている 90歳の男性の『もうリハビリなんかしたくないんだよ』という言葉、よく分かります。
私の母はリハビリなど積極的に取組んだ方でしたが、最後の入院の後半には、「もう、何もやる気がしない」というようなことを言っていたようです。

人間は年とともに身体が衰えていきます。
そして、リハビリの効果も徐々に出づらくなっていきます。
そうなると、記事に出ていた 90歳の男性や私の母のような感覚になるんだと思います。

穏やかに最後の時間を過ごしたい…
そんな望みを奪ってしまうかもしれないのが、「介護保険法の改正」ということになるのかもしれませんね。

過去の記事より

自治体の介護保険担当者の良心


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

UDFプレゼントキャンペーン②

10月23日~11月26日まで行われていた、ユニバーサルデザインフード日本介護食品協議会「11 月 11 日」は「介護の日」 プレゼントキャンペーンに当選し、商品が送られてきました。
Nec_0015

送られてきた商品は…

「容易にかめる」商品の中から

「明治」の「やわらか食 ごろっと野菜 なすとトマトのカレー

「キューピーやさしい献立」の「鶏だんごの野菜煮込み
「思いやり堂本便」の「ソフトな噛み ごこちふきの煮物

「歯ぐきでつぶせる」商品の中から

「森永乳業グループ クリニコ」の「やわらか亭 牛丼
「アサヒグループ食品」の「バランス献立 すき焼き」
「思いやり堂本便」の「ソフトな噛み 切干大根煮」

「舌でつぶせる」商品の中から

「エバースマイル」の「素材を活かしたやわらかムース ピリ辛鶏ごぼう」
「キューピーやさしい献立」の「やわらかおかず 肉じゃが」
「メディケア食品」の「もっとエネルギー パワーライス

「かまなくて良い」商品の中から

「ホリカフーズ」の「なめらか仕立てのおいしくミキサー 鯖の味噌煮」
「カセイ食品」の「和風ぷりん 小豆」
「フードケア」の「レピオスゼリー メロン風味」
「味の素」の「経口補水ゼリー アクアソリタ」

「とろみ調整」の商品の中から

「明治」の「かんたんトロメイク」
「森永乳業グループ クリニコ」の「つるりんこ」

「日清オイリオ」の「トロミアップエース」

「日清オイリオ」の「トロミアップパーフェクト」

です。

当選するとは思っていませんでしたし、これだけの商品が送られてくるとは驚きでした。
一度にこれだけの商品を食べることは不可能ですので、少しずつ食べて感想を このブログで紹介していければと考えています。

過去の記事より

UDFプレゼントキャンペーン


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

平成29年度「高齢社会フォーラム in 東京」

今日は1月22日に、内閣府が主催し、文部科学省厚生労働省が後援する、『平成29年度「高齢社会フォーラム in 東京」』を紹介します。
(画像をクリックするとチラシのPDFファイルを ご覧いただけます。)
Photo

高齢社会フォーラム in 宮崎」と同じく、「チャレンジを応援し続ける社会を築く」というテーマで、講演とパネルディスカッションが行われます。
パネルディスカッションは3つありますが、そのうちの1つを選択することになります。

講演

「高齢者から発進! 世代をつむぐ、『三方よし』の地域づくり」

パネルディスカッション

第1分科会

「こうすればみんなが主役になれる~地域も職場も女も男も~」

第2分科会

「海外からみた日本の高齢社会」

第3分科会

「認知症になっても日常を「フツウ」に続けられるコミュニティを考える」

入場無料(事前申込制)だそうです。
とても興味深い内容ではありますが、東京で平日の開催では…
最近は、名古屋で行われる土・日・祝日開催のイベントでさえ見送っている私にとって、参加するのは どう考えても無理です。
後日、内閣府の関連サイトに報告書が掲載されるようですし、残念ですが、いつもの様に見送りですね。

首都圏に お住まいで、『平成29年度「高齢社会フォーラム in 東京」』内容に興味があり、都合のつく方は参加を検討されてはいかがでしょうか。
まず、チラシで詳細を確認して下さい。

なお、念のために内閣府の関連サイトにリンクを張っておきますね。

内閣府

平成29年度「高齢社会フォーラム in 東京」開催のお知らせ

過去の記事より

平成29年度 高齢社会フォーラム


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

ケアマネが考える「事前に知っておいたほうが良いこと」

11月25日に紹介した、ケアマネジャー向のコミュニティサイト「ケアマネドットコム」を運営する、「株式会社エス・エム・エス」が、「ケアマネドットコム」に会員登録しているケアマネジャーを対象に行った調査…

11月25日に、「ケアマネジャーが利用者や家族からよく聞かれること」について取り上げましたが、今日はケアマネジャーさんが、「利用者や家族が事前に知っておいたほうが良いこと」について取り上げます。

ケアマネジャーさんが、「事前に知っておいた方が良い」と考えることですから、日本人であれば、ある程度の年齢に達したら誰もが知っておくべきこと、と考えて差し支えないでしょうね。
結果は次の通りです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo
株式会社エス・エム・エス:『介護保険の利用者・家族が一番不安なのは「費用負担に関すること」』より)

「初めて介護保険サービスを利用する利用者や家族からよく聞かれること」と上位2つの順位が入れ替わっていますね。
「利用者や家族からよく聞かれること」の第1位は、「費用、お金に関すること」でしたが、ケアマネジャーさんが、「事前に知っておいた方が良いこと」の第1位は、「在宅介護に関すること」です。
ただ、「利用者や家族からよく聞かれること」の結果のグラフに比べ、1位・2位・3位の割合の差は あまり大きくありませんね。

それでは、ケアマネジャーさんは「在宅介護に関すること」について、具体的にどのようなことを「事前に知っておいた方が良いこと」と考えているのでしょうか?
結果は次の通りです。
(グラフをクリックすると拡大します。)
Photo_2
株式会社エス・エム・エス:『介護保険の利用者・家族が一番不安なのは「費用負担に関すること」』より)

ケアマネジャーさんがケアプランを作成し、それに基づいて介護サービスが提供されるのが、日本の介護保険制度です。
当然のことですが、ケアプラン作成に当たっては、利用者や家族の意向を聞く必要があります。
その時に、「在宅介護サービスの種類や選び方、サービスの内容に関すること」を利用者や家族が全く知らないと、利用者や家族の意向に十分に沿えない可能性が出てきます。
ですから、「事前に知っておいた方が良いこと」と考えるのは当然だと思います。

ところで、先ほども触れましたが、1位・2位・3位の割合の差は あまり大きくありません。
参考までに、2位の「費用、お金に関すること」と3位の「介護保険制度に関すること」のグラフも転載させていただきます。
(グラフをクリックすると拡大します。)
費用、お金に関すること 介護保険制度に関すること
Photo_3 Photo_4
株式会社エス・エム・エス:『介護保険の利用者・家族が一番不安なのは「費用負担に関すること」』より)

過去の記事より

介護が必要になった時に感じる不安


FP-Yoshikawaで検索してください

次のブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ

人気blogランキングへ


FP-Yoshikawa介護ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧